2010年01月09日

レンコンとチキンのカレー

9da1b616.jpgこの間、Twitterでyasuireikoさんがレンコンをキムチ鍋に入れる話を書いていて、「へぇー」って思った。レンコンは使ったことのない食材なので、何かに使ってみたいと思い、鍋に入れても大丈夫ならカレーでも大丈夫だろうと、カレーに入れてみた。レンコンってどのくらいで火が通るのかわからないので、とりあえずじゃがいもを入れるのと同じようなタイミングで入れてみることに。要は、にんにく、唐辛子、玉ねぎを炒めて、人参を炒めて、鶏肉を入れて、そのあと。あとは普通どおりに調理して、レンコンとチキンのカレーの出来上がり。

お、美味しいじゃん。

レンコンはあんまり味の自己主張がないんだけれど、ジャガイモや人参と違って歯ごたえがいつまでも残っている。なので、カレーの中に適度な食感が提供される。これが結構気持ちよかったりする。ジャガイモと違って煮崩れする感じもないので、もうちょっと早いタイミングで投入しても良さそうだけれど、食べた感じではこのタイミングでも特に問題ない感じ。レンコンは小さいジャガイモぐらいの大きさで80円ぐらいだった。ジャガイモよりは多少コスト高って感じだけれど、カレーにジャガイモを入れると、最初は良いけど、何度も温めているうちにとろみがつきすぎるので、作りおきして何度も食べるなら、ジャガイモよりもレンコンの方が良いかも知れない。

評価は☆2つ半。

この記事へのトラックバックURL