2010年01月22日

チキュウ (RAMEN CiQUE)

阿佐ヶ谷でちょっと時間を潰さなくてはならず、ふらっと入ってみたお店。これが、すげぇ掘り出し物だった。以下、評価。

名称:チキュウ (RAMEN CiQUE)
種類:東京西部
場所:阿佐ヶ谷
評価:10/AAA
2010.1.21
コメント:注文したのは醤油。スープはとんこつベースで和風だしを強めに効かせた東京西部タイプ。最近はこの手のスープはすっかり珍しくなくなってしまったので、正直「またかぁ」という感じ。それで、レンゲでスープを一口。濃度はしっかりしているけれど、ぬるい。これは失敗したかな?と思いつつ麺を食べてみてびっくり。スープが全然ぬるくない。というか、むしろ熱いくらい。ダブルスープを上手に使っているのか、表面はぬるくて、でも内部はしっかりアツアツというちょっと珍しいタイプ。そして、スープの味は非常にしっかりしている。丁寧に作ってあることがすぐにわかるような、奥の深い味わい。

麺はやや細めで弱くよりが入ったもの。腰がしっかりしているし、スープの絡みも良い。余計な雑味もなくて、これまた一級品。

チャーシューも、下ごしらえをしっかりして作ってある印象。臭みなどはもちろん残っていないし、味も良い。もともとの肉も良いものを使っているんだと思う。

チャーシュー以外の具にも手抜きが感じられず、全てに対して気配りがなされている感じ。ラーメンの職人が作ったというよりは、ラーメンマニアが自分の理想としているものを作ってみた、という感じなんだけれど、その完成度はメチャクチャ高いと思う。なんというか、以前、中村屋を食べた時の衝撃に通じるものがある。

何故か全然行列していなかったけれど、ちょっと信じられない。行列がなかったのはたまたまかな?この系統のラーメンとしては間違いなくトップレベルだと思う。近所に行ったら絶対また食べちゃう。次は塩で。

DSCN4123 DSCN4131

DSCN4132

この記事へのトラックバックURL