2010年02月04日

日本体育協会国体推進部国体課に対する質問状

さっき、質問状を送っておいたので、公開しておく。

株式会社ライブログ代表取締役CEOの元木と申します。

先月29日、神奈川県体育協会、神奈川県スキー連盟を通じて、弊社社員小林幸世の国体出場につきまして、日本体育協会国体推進部より「出場資格なし」との判断があった旨、報告をいただきました。弊社で判断に関する文書をチェックさせていただいたところ、「派遣会社からの派遣」などと全く誤った解釈から判断が下されていることがわかりましたので、代表取締役CEO名で判断に対する疑義を提出させていただきました(資料添付します)が、この文書に対する明確な回答がないままに、引き続き「資格なし」との判断だけが連絡されてきています。

本件につきましては、日本体育協会が下記URLで提示している参加資格基準の解釈、説明に基づき、どのような判断が為されたのか、説明していただきたいと思います。また、もし引き続き参加資格なしとの判断を下す場合は、弊社社員として小林幸世が勤務地枠で国体に出場する際、どの県から出場するのが適切なのか、合わせてご提示いただければ幸いです。なお、弊社の事業所は神奈川県以外には存在しておりません。

参考文書
http://www.japan-sports.or.jp/kokutai/pdf/shikaku01.pdf

回答はファックス、メール、郵送のどの手段でも構いませんが、文書でご回答ください。もし岸記念体育館まで伺った方が良い場合はいくつかの候補を提示していただければと思います。その際も、回答は口頭のみではなく、文書でいただければ幸いです。また、選手のスケジューリングの都合もありますので、回答は2010年2月8日(月曜日)までにお願いいたします。

なお、いただきました返答は本メールとあわせ、全文をウェブ上で公開する可能性がありますので、その点ご了承の上、対応いただければ幸いです。

#公開の際は、個人情報などについてのみ、問題がないか、事前に問い合わせさせていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。

---
株式会社ライブログ
代表取締役CEO
元木一朗


関連エントリー:日本体育協会は解散したらどうか?

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
>弊社社員として小林幸世が勤務地枠で国体に出場する際、どの県から出場するのが適切なのか、合わせてご提示いただければ幸いです。

これをさりげなく盛り込むところがbuuさんの怖いところです。これで協会は逃げる場所がなくなってます。
Posted by かりん at 2010年02月04日 18:48