2010年03月03日

サイバーテロはいつまで続くのか

2ちゃんねるのサーバーがずっと落ちていて、少なくない掲示板に対してアクセス出来ない状況が続いているわけだけれど、スタートしたのが1日の昼だから、もうかれこれ丸二日である。

それで、その原因として言われているのが、韓国人のサイバーテロ説。この記事とかを見ると、本当にそうらしい。

ヨナ採点批判に韓国反発!2ちゃんにサイバー攻撃
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/03/03/07.html

これが本当だとすると、韓国人って、思ったよりすげぇ。だって、「超腹立つ!」とか思って、二日間もパソコンの前に座ってF5キーを押し続けているわけでしょう?全員が徹夜っていうよりかは2交代制ぐらいでみんなでやっているんだろうけれど、その執念っていうか、なんていうか、暇さ具合が凄い。やっているのは5万人とも、10万人とも言われているけれど。それで、ターゲットになっているのが首相官邸のサイトじゃなくて、2ちゃんねるだっていうのがまた良い。2ちゃんねるのサーバーがダウンしていても、別に日本社会にフェータルな影響って出ないだろうし、ダメージもない。考え方によっちゃぁ、今まで2ちゃんを見ていて無駄になっていた情熱がもっと生産的なところに使われることになっているかも知れず、なんか、韓国は情熱を無駄遣いして、日本は期せずしてエネルギーが有効利用できるようになっているような感じで、続けられるものなら一生やってろ、というか、どうせなら3ちゃんねるも4ちゃんねるも5ちゃんねるも作って、韓国の人たちにどんどん攻撃してもらったらどうなんだろうとか思ってしまう。

でも、あぁ、なるほどな、とも思う。今の日本人に、こういう行動を期待しても絶対無理。多分40年ぐらい前の日本の国民性なら、やったんだと思う。もう、今の日本にはこういうエネルギーってないものね。だから、韓国はオリンピックでもメダルがたくさん取れる。日本は取れない。

で、いつまで頑張るんですかね(笑)?まぁ、どうでも良いけど、なんか、僕の周りのメールの配信状況とかもちょっと不安定なんですけど。それって関係ある?普通のネット活動にも悪影響が出ちゃうのは、ちょっと困るかなー。

何しろ、今後どうなっていくのか、非常に興味深い。一ヶ月とか続いたら、ギネスブックに載っちゃったりして。サーバー監視所とかを見ると、今も半分以上は落ちてるみたいだなぁ。

この記事へのトラックバックURL