2010年03月05日

別に美味しくない桃屋のラー油を改造して美味しくする

72df1b2d.jpgなんか、一部ではすげーうまいとか評判になっているらしい桃屋の長ったらしいネーミングのラー油ですけど、名前を調べるのは面倒なのでここでは「凄く美味しいと噂だけれど実際に食べてみると特別に美味しいわけでもない桃屋のラー油」、略して「特別にうまいわけではないラー油」として、さらに短縮して「特ラー」と称しますが、これ、うまいですか?全然辛くなくて、あんまり使い物にならないんですが。

で、そもそもラー油なんて、山椒、葱、生姜、にんにく、唐辛子あたりを刻んでごま油で熱して作れば自分でできちゃうだろ、と思わないでもないのだけれど、とりあえず試しに買ってみた特ラーが家にあるので、こいつをなんとかしないとな、と思い、ビンの中に一味唐辛子を大量にぶち込んでみたらちゃんと辛くなった。あぁ、これはこれでありだな、と思ったけれど、やっぱ、粉っぽいので、自分で作ったほうが良いな、と思った。良し、今度作ってみよう。

で、この特ラーですけど、本当に美味しい?こんな辛くないラー油で良いんですか?まぁ、別にどうでも良いんだけれど。僕には全然物足りない。

あ、でも、この特ラーのビンは良いですね。自家製ラー油を作ったら、このビンの中に入れておくことにしよう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50997103
この記事へのコメント
美味しくないよ
Posted by ぴかり at 2010年03月12日 14:19
> 美味しくないよ

ですよね。

なんか、こういうのが雰囲気としてどんどん広がる日本の状況って、気持ち悪い。
Posted by buu* at 2010年03月12日 15:34