2010年03月02日

オリンピックの出場権は事務方のおもちゃじゃない

国体ネタで僕が日体協に質問しているのはこのブログで書いているとおりだけれど、オリンピックでも似たような話があって、こんな感じで報道されている。

えっ!?日本は3枠だったのに断っていた

真偽のほどは不明だけれど、さもありなん、という感じ。

僕はこの手の話をクロスで見てきている。日本はワールドカップに出場枠を持っているんだけれど、それを十分に活用していなかった。ワールドカップの成績によってオリンピックの出場選手を決めることになっていたのだから、選手にとってはワールドカップに出ることができるかどうかが非常に重要だったわけだけれど、枠があるのに出してもらうことさえできなかったのだ。

じゃぁ、なんで出ることができなかったのか。お金がないから?いやいや、選手は、「自費で出ます」って言ってたんです。それなのに、枠を使わせなかった。意味不明。「私達が偉いんだから、ひれ伏しなさい」って示威行為にでていたんだろうか。そのくらいしか、論理的に整合性の取れる理由が思いつかない。この話はダイナマイト原田さんがスキー・グラフィックか何かに書いていたという話だけれど。

それで、オリンピックでしょう?まぁ、さすがにオリンピックで自費参加はないだろう、って思わないでもないけれど、それにしたって、枠があるのに使わないってのはないだろうと思うわけです。まぁ、最悪、自費参加だって良かったとは思うけれど。

「自費参加はひどい」という批判にさらされるのが嫌だったのかな?で、内緒で断ったのに、話が漏れちゃった?

JOCの予算が厳しいのは聞いているし、選手選考にあたっても、「メダルの可能性がある人間だけを派遣しよう」なんていう内規があるとかないとか、耳にしないわけでもないのだけれど、でも、選手からすればその後の人生だって変わってくるんだし、どうしてもJOCにお金がないっていうのなら、何らかの条件を設定して「自費出場枠」を作ったって良いはず。枠があって、選手のレベルが条件をクリアしているなら、それは全員出させてあげるのが筋だと思う。

国体にしても、オリンピックにしても、主役は選手であるはず。そのあたりを事務方は理解してない。お金がないのはわかるけれど、「それでも選手ががんばることができる場をつくるにはどうしたら良いんだろう」っていろいろ考える努力を放棄している気がしてならない。

湯浅選手の話だって、これが本当なら、選手と事務方の信頼関係は再構築不能だよ。

事務方が駄目だから、「仕分けられても仕方がない」とも思うのだけれど、そのしわ寄せが選手にいってしまうのでは本末転倒。仕分けられるべきは組織の方だ。

この記事へのトラックバックURL