2010年03月06日

まにあなシネマ大賞2010(2009公開映画)

大変お待たせいたしました。昨年公開の映画の中から優秀な映画を選び出す、まにあなシネマ大賞の発表の時間です。今回は「マイマイ新子と千年の魔法」を観ることができず、ぎりぎりまで観に行けるように調整したんですが、駄目でした。ちょっと残念ですが、昨日日本アカデミー賞も発表されてしまったことなので、時間切れ。発表してしまいます(実はこのエントリー自体は1月頭に書いてあった)。

まにあなシネマ最優秀洋画
グラン・トリノ 
アバター、ハート・ロッカーとの競り合い。これからの可能性を見せたアバター、これまでの集大成、ひとりの映画人の生きざままでを見せたグラン・トリノ、戦争の緊張感を映画館で再現したハート・ロッカーはそれぞれに良さがあった。その中でも、ひとりの映画人の歴史を背負った作品、グラン・トリノに軍配が上がる。ダーティ・ハリーで44マグナムをぶっぱなし続けたクリントが、役者として最後に見せたシーンは、一本の映画のみならず、役者としての彼のラスト・シーンに相応しい。自分で自分のラストを演出するまでになった、そして、完璧な締めくくりを用意したクリントに拍手を送りたい。アバターはこれだけヒットしているのだから、間違いなく続編が作られるはず。そちらのできに期待したい。ハート・ロッカーはちょっと相手が悪かった感じ。

まにあなシネマ最優秀邦画
ディア・ドクター
正直、やや粗い部分もあったとは思う。しかし、ラストの見事さはそれらを忘れさせる。サマーウォーズとどちらが優れているかは非常に迷うところだが、やはり最後は人間力の差か。

まにあなシネマ特別賞
マイケル・ジャクソン THIS IS IT 
映画とは言えない本作だが、映画館で観なければその良さは伝わらないという、非常に評価が難しい作品。ということで、今年は特別賞を用意した。

まにあなシネマ優秀賞ノミネート作品
ジュリー&ジュリア
アバター 
風が強く吹いている 
サマーウォーズ 
レスラー 
ディア・ドクター 
グラン・トリノ 
インビクタス
ハート・ロッカー

まにあなシネマ最優秀俳優賞(邦画のみ)
主演男優 渡辺謙(沈まぬ太陽)
主演女優 中谷 美紀(ゼロの焦点)(助演かも?)
助演男優 林遣都(風が強く吹いている)
助演女優 余貴美子(ディア・ドクター)

#中谷美紀さんは世の中的には主演ではなく助演だったのかも知れません。ただ、その場合主演女優賞は誰なのか、考えるのがかなり難しいので、主演女優として扱ってしまいました。

さて、同時にきいちご賞も発表してしまいます。こちらの対象は邦画のみです。

まにあなきいちご賞(邦画のみ)
山形スクリーム
「THE CODE/暗号」を観た時点で「今年はこれで決まり!」と思ったのだけれど、上には上がいるから映画は面白い。そして、この映画は全く面白くない。内輪受けに終始し、お客さんに観てもらうことが全く意識されていない。こういう映画にお金を払うのは本当にバカらしい。まさに駄目映画。

まにあなきいちご賞ノミネート作品(邦画のみ)
アマルフィ 女神の報酬
ちゃんと伝える
重力ピエロ
20世紀少年<第2章> 最後の希望
THE CODE/暗号

まにあなきいちご賞俳優各賞
監督賞 竹中直人(山形スクリーム)
主演男優賞 竹中直人(山形スクリーム)
主演女優賞 広末涼子(ゼロの焦点)
助演男優賞 該当なし
助演女優賞 該当なし

以下、昨年鑑賞映画の評価一覧です。

評価別本数(括弧内は邦画の数)
☆☆☆ 10(3)
☆☆★ 10(3)
☆☆ 17(6)
☆★ 11(7)
☆ 7(4)
★ 6(4)
なし 4(2)

評価一覧
ハート・ロッカー  ☆☆☆
インビクタス ☆☆☆
ジュリー&ジュリア ☆☆☆
アバター ☆☆☆
風が強く吹いている ☆☆☆
マイケル・ジャクソン THIS IS IT ☆☆☆
サマーウォーズ ☆☆☆
レスラー ☆☆☆
ディア・ドクター ☆☆☆
グラン・トリノ ☆☆☆
沈まぬ太陽 ☆☆★
イングロリアス・バスターズ ☆☆★
男と女の不都合な真実 ☆☆★
トランスフォーマー/リベンジ ☆☆★
96時間 ☆☆★
消されたヘッドライン ☆☆★
バーン・アフター・リーディング ☆☆★
ジェネラル・ルージュの凱旋 ☆☆★
チェンジリング ☆☆★
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 ☆☆★
インフォーマント! ☆☆
パブリック・エネミーズ ☆☆
カールじいさんの空飛ぶ家 ☆☆
ヴィヨンの妻 ☆☆
ロボゲイシャ ☆☆
カムイ外伝 ☆☆
引き出しの中のラブレター ☆☆
セントアンナの奇跡 ☆☆
G.I.ジョー ☆☆
ハリー・ポッターと謎のプリンス ☆☆
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 ☆☆
天使と悪魔 ☆☆
スター・トレック ☆☆
ザ・バンク 堕ちた巨像 ☆☆
ワルキューレ ☆☆
ヤッターマン/YATTERMAN ☆☆
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ☆☆
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない ☆★
カイジ 人生逆転ゲーム ☆★
さまよう刃 ☆★
南極料理人 ☆★
サブウェイ123 激突 ☆★
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 ☆★
ノウイング ☆★
愛を読むひと ☆★
スラムドッグ$ミリオネア ☆★
おと・な・り ☆★
おっぱいバレー ☆★
サロゲート ☆
ゼロの焦点 ☆
私の中のあなた ☆
TAJOMARU ☆
ハゲタカ ☆
ザ・スピリット ☆
カフーを待ちわびて ☆
2012 ★
アマルフィ 女神の報酬 ★
ちゃんと伝える ★
ターミネーター4 ★
重力ピエロ ★
20世紀少年<第2章> 最後の希望 ★
THE 4TH KIND フォース・カインド
山形スクリーム
HACHI 約束の犬
THE CODE/暗号

備考
今度は愛妻家、ゴールデンスランバー、彼岸島は2009年内には未公開のため、来年にまわします。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50997315
この記事へのコメント
本家もそうだけど、どうしてもきいちご賞の方が気になってしまうのはなんでだろう(^^;;;
Posted by e- at 2010年03月06日 14:14
> 本家もそうだけど、どうしてもきいちご賞の方が気になってしまうのはなんでだろう(^^;;;

今年は去年の南原みたいな「勘弁してくれ」という、学芸会レベルの芝居はなかったですね。ただ、やっぱり広末はスィートスポットが極端に狭い役者で、ゼロの焦点は無理だった。中谷、木村の二人がちゃんとしてる分、一層駄目さ具合が際立って、ちょっと可哀想でした。あと、山形スクリームは、ちょっともうどうしようもないかな(汗)。助演でのヘタクソっていうのは目立たないので、今回は該当なしにしました。
Posted by buu* at 2010年03月06日 18:38
"日本ラジー賞"で検索したらこちらを拾ったかしこいポータルサイトから来ました。
Posted by saaya_holic at 2010年03月07日 11:09
> "日本ラジー賞"で検索したらこちらを拾ったかしこいポータルサイトから来ました。

いらっしゃいませ(笑)

日本ラジー賞かぁ。使ったことのないキーワードのような気もしますが、ま、いっか(^^
Posted by buu* at 2010年03月07日 11:47