2010年03月08日

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

アメコミ原作の作品ってあたりハズレが大きいと思うのだけれど、X-MENシリーズは大体あたりの部類。なので、この作品とかも多分大丈夫だろうな、と思ってDVDを借りてきたんだけれど、やっぱりあたりだった。

X-MENシリーズの主役、ウルヴァリンの誕生秘話という位置づけの作品なので、主役のヒュー・ジャックマンを若く観せなくちゃならないという難問があったわけだけれど、そのあたりは今の技術を以てすれば全然問題にならなかった様子。

登場人物たちもそこそこに魅力的だし、ストーリーも多少ひねりが効いている。アクションばかりじゃないよ、という主張はちゃんと伝わってくる。

何しろ、エピソード0的な位置づけだから、予定調和的なところもあって、「次にどうなるんだろう」というドキドキ感は希薄で、ある意味安心してみていられる。「そんな馬鹿なこと、あるわけないじゃん」という漫画的な描写も健在だから、上質のエンターテイメントとして楽しめるのが良い。

特別なメッセージがあるとか、何か考えさせられるとか、そういう映画ではないので、楽しんだもん勝ちだと思う。できればDVDではなく、映画館で観たかった。評価は☆2つ。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO <2枚組特別編>〔初回生産限定:デジタル・コピー付〕  [DVD]

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50998150