2010年03月14日

舞茸のペペロンチーノ

DSCN5591


魚沼(いや、昨日日帰りで上越国際に行ったから)といえば舞茸、ということで、今朝は舞茸のペペロンチーノ。

と言っても、特別に難しいことを何かやったわけではなく、茹でているパスタに、茹で上がりの30秒前に舞茸を投入しただけ。少しだけ火を弱くして、再沸騰したあたりで茹でるの終了。お湯を切って、S&Bのペペロンチーノのもと(パスタソース)を入れて、かき混ぜて終了。

正直に言うと、これを試したの、二度目。前回、失敗した(笑)。どう失敗したかと言うと、舞茸に火を通しすぎた。4分ぐらい茹でちゃった。見た目は美味しそうに出来上がったんだけれど、舞茸の旨みがすっかり抜けてしまい、スカスカ。折角舞茸を入れたのに、食感だけで、舞茸の風味が全然ない。これじゃぁ駄目だ、ということで、舞茸を追加するタイミングを変えて、茹で上がり直前にしてみた。それでも茹でているお湯が少し茶色くなったので、「これでも茹で過ぎかなぁ」と思ったんだけれど、食べてみたら問題なし。そして、結構美味しかった。以前試したキャベツもそうだけれど、茹で上がりの直前に投入すると良いみたい。舞茸が手に入ったらまたやろうと思う。

評価は☆2つ半。

この記事へのトラックバックURL