2010年03月14日

LEGEND OF REBECCA

LEGEND OF REBECCA

大学の頃に全盛期だったレベッカのベストアルバムのうちの一枚。

なんか、色々とベストアルバムがあるみたいだったけれど、なんとなく選択。フレンズは今でも時々耳にするけれど、他の曲は滅多に聞くことがないので、非常に懐かしい。

アーティストって、画家にしても、音楽家にしても、なぜか「全盛期」と言える時代があって、不思議なことに誰もが衰えていく。歌唱力なんか落ちないだろう、と思っていたんだけれど、どうもそんなこともないらしい。最近「あー、歌えなくなっちゃったんだなぁ」と思う歌手が何人もいるわけで、そのあたりは特に女性歌手で顕著なような気もするのだけれど、レベッカの場合はピークはやっぱり「REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow」だったかなぁ、と思う。ちょうどギターとドラムスが抜けたタイミングで、それまで蓄えられていたものが一気に放出されたような、例えば中島みゆきの「臨月」みたいな感じで出たのが良かったのかも知れない。その後も名曲は生み出したものの、このアルバム以上の完成度は実現しなかったと思う。アルバムではなく、単品の曲でみても、例えば当時は名曲だと思ったし、今も名曲だとは思うものの、Moonあたりではボーカルに力が足りなくなっていると思う。

しかし、それでもやっぱり良いバンドだったよなぁ。このバンドがなかったらジュディマリとか、なかったわけだし。家にあるアルバム、全部PCに食べさせちゃうかな。世の中がほとんどCDになったあとのバンドのはずだから、全部どこかにCDであるはず・・・・(中島みゆきとか松山千春とかオフコースとかはレコードなんだよね(涙))。

この記事へのトラックバックURL