2010年03月23日

末代の恥

センバツ:開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言

開星・野々村監督がご乱心 21世紀枠向陽に負け「末代の恥」

もともとセンバツは地域を考慮したり(例えば、関東のベスト4に同一県が3校残ったりした場合は1校が出られなくなる。秋の関東大会で例えば開催県の神奈川県から慶応、東海大相模、桐蔭学園の3校がベスト4に残ったりする、みたいなことが起きたりする)、なんだか不透明。そこへきて21世紀枠みたいなのができて、「これは記念大会のための賑やかしかな」と思っていたらそのまま今も残っていたりする。その学校に対して差別意識を持つのは当たり前の話。敗者復活戦の勝者が一般のトーナメントに参入しているわけだからね。柔道の主たる国際大会で実施されている敗者復活戦は、あくまでも敗者同士の戦いであって、3位にはなれても、決勝戦には出ることができない。まぁ、21世紀枠にしても都道府県の秋季大会でベスト8以上(激戦区はベスト16以上)だから、全然箸にも棒にもかからないような学校は出てこないし、一方で普通に選抜されている学校でも、例えば関東大会ベスト4の学校のうち、3校は秋季大会でも負けているので、「21世紀枠は所詮敗者復活」という指摘も部分的には正しくないとも言えるんだけれど。まぁ、選んでいるのが高野連様だし、今までの21世紀枠を見ると全部公立校だし、やっぱり不透明感バリバリなんだよね。あとさ、21世紀枠って、今まで21都道県(府からは出たことがない)が選ばれた経験があるんだけれど、宮城(一迫商業、利府)と島根(松江北、隠岐)はそれぞれ2度選ばれたことがある。そのあたりもあって、開星高校の監督はこういう発言をしたんじゃないのかな(ちなみに神奈川から選ばれたことはない)。

この新聞記事では恐らく「けしからん」というトーンで書いているのだろうけれど、けしからんのはこんな制度を採用している方。勝負の世界に政治を持ち込んでるからこんなことになる。この監督は良く言った。実際、勝負をやっている人間は、このくらいの心意気じゃなきゃダメだよ。それに、向陽高校は野球では甲子園優勝2回の名門校。こうやって言われたからって腹を立てるならそれはそれでちっちぇえという話(当人たちは怒ってなんかいないと思うけれど)。そもそもだ、勝った奴らが「21世紀枠の奴らなんかに負ける訳ない」などと発言すればそれはどうかと思うけれど、負けた人間が何を言おうと構わないだろ。それが勝負の世界だと思うぞ。それに、「こんな試合にしかならないのは、監督の力が足りないということ。もう野球やめたいし、死にたい。腹切りたい」だろ。普通だよ。闘志むき出しで良いじゃないか。夏に、生徒を鍛え直してまた甲子園に来れば良い。

あ、そうか、これ、高校野球の話か。高校野球も大相撲と一緒で、スポーツじゃないんだったっけ?そんで、高校野球のファンの皆様はやっぱり「けしからん」って思ってるのかな?ま、それならそれで別に良いんだけれど。僕はスポーツは好きだけれど、別に高野連は好きじゃないので。

そうそう、末代の恥といえば、開幕一週間前というのにオープン戦で読売にボコボコにされて、被本塁打8本、14失点とかした我が横浜(地域が、ですよ。僕は浜っ子だけれど中日ファン。だって、僕が野球のファンになったときには、大洋ホエールズは川崎の球団だったから)のエースはどうしているのだろう?まぁ、どうでも良いですが。

17:34追記
三浦、開幕1軍外れる=プロ野球・横浜

まぁ、そりゃそうだよな。バッティングピッチャーじゃないんだから。



この記事へのトラックバックURL