2010年03月28日

何度やっても難しいのがホットケーキ

3ad9cb3e.jpgほとんどの料理は目分量で行けちゃうし、火加減とかもそれほどデリケートになる必要がない。そりゃ、ルウを溶かしたあとのカレーやシチューは焦げやすいから気にしなくちゃいけないけれど、もうずっと目を離せないなんていうことは滅多にない。ところが、ホットケーキはそうはいかない。目を離すと、すぐに焦げて真っ黒。真っ黒でも別にどうしようもなく困ってしまい捨てざるを得ない、なんてことにはならないけれど、見た目が悪いし、苦い。うちのコンロが「気がつかないうちに火が消える」→「ガス漏れ」という事態に必要以上にセンシティブで、とろ火、弱火の調節が難しい(というか、できない)というのが一番大きいとは思うのだけれど、とにかく、ホットケーキを上手に焼くことが異様に難しい。

今日は、火を消したり、フライパンを手に持って、火から遠ざけてみたり、という手段を色々と試してみた。こういうやり方は確かに効果があるのだけれど、面倒くさくていけない。そうか、ホットプレートか電気のグリル鍋を使えばいいのか、と思いついたのはさっき。うちのグリル鍋はガスとは逆に、ブレーカーが落ちるのを警戒しているのか、異様に温かくならない。そのままコンロにかけられるタイプのものなので、鍋をやるときなどはコンロで全部作って、機能としては保温でしか使っていない。というか、それしか使い道がない。これがちょうど良いじゃないか、と思った。でも、グリル鍋は洗ってしまうのが面倒くさいんだよね。うーーーーん。

何しろ、色々工夫してなんとか作ったのがこのホットケーキ。まぁ、そこそこ美味しそうにできた。と、ここで大問題。メープルシロップがない。そういえば、この間使い切っちゃったんだった。うちでは、甘いものを作るときはほぼ間違いなくメープルシロップを利用している。ヨーグルトにもメープルシロップ、ワッフルにもメープルシロップ、コーンフレークにもメープルシロップ、という具合。なので、消費量が凄い。そして、なくなるとパニックになる。そして、今日もパニックだ。仕方がないので、今日ははちみつで食べてみた。ミツバチさんはご苦労様だし、これだけのはちみつを集めるのはさぞかし大変だろうとも思うのだけれど、やっぱり僕ははちみつよりメープルシロップが好きだ。今度三軒茶屋に行く時に忘れずにメープルシロップを買ってこないとだな。絶対だ。

ということで、今日のホットケーキの評価は☆2つ半。でも、ちょっと手間がかかりすぎ(涙)。

この記事へのトラックバックURL