2010年03月28日

映画の日の活用法

別にどうって事ない話だけれど、映画の日の活用方法について。

毎週水曜日に安い日がある女性はともかく、男はレイトショウか一ヶ月に一度の映画の日って結構貴重。でも、貪欲な女性はレディースデイも安いのに、映画の日も観に来る。おかげで、映画の日って、都内の大きな映画館は結構混雑する。混雑している映画館の何が嫌って、良い席で観ることができないってこと。やっぱ、映画は中央やや後ろ寄りで観るのが一番。でも、映画の日にフラッと映画館に行って、すぐに始まる映画のチケットを買っても、良い座席で観るなんて絶望的。ということで、ここで出てくるのがネット予約。最近の映画館はネット予約ができるところが少なくない。さっさと良い座席をキープしちゃって、あとはのんびり行けば良い。

「安く観たいなら、チケットショップでチケットを買っていけば?」というのも正論。ところが、前売りチケットって、ネットの座席予約が使えないんです。なので、やっぱり重要なのは映画の日の割引。

あと、レイトショウとかの時間帯割引も結構使える。例えば新宿のバルトとかだと、平日の1330〜1700だったかな?この位の時間に始まる映画は「シネマチネ割引」(だったと思う)っていうので1200円で観ることができる。普通のサラリーマンだとちょっと役に立ちにくい割引だけれど、営業で外を回っている人とかで、ちょっと時間に空きができた、みたいな時には結構使えるはず。それで、これももちろんネット予約が可能。バルトは座席が結構余裕のある配置なので、混雑していても快適に観ることができる。

最近、新宿界隈はバルト、ピカデリーと、駅(新宿三丁目)からすぐで、見やすくて、音響が結構しっかりしていて、ネット予約で細かく座席指定できる映画館ができた。ということで、もうすぐ一日だから、それを踏まえて仕事のスケジュールを立てたい。パルナサスがまだやってるし、しあわせの隠れ場所もまだ観てないんだよな・・・・。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51005801