2010年04月11日

第9地区

31c15f29.jpgなんだか良くわからないけれど1982年ぐらいに突然ヨハネスブルグの上空にバカでかい宇宙船が停留して、そこから大量の宇宙人が降りてきて難民キャンプを作っちゃう、そんな設定の中で起きるドタバタ劇。

結構コメディタッチで描いているんだけれど、「斬新な設定」という気はあまりしなくて、どちらかというと既視感バリバリ。色々と「あぁー、こういうのって、アレだよね」というのが多い。この手の「変身もの」は珍しくないし、クローバーフィールドのような記録映像というのも今となってはそれほど新しい感じがしない。そして何より、アバターよりもあとに公開されたというのがこの作品にとっては不幸なことだと思う。アバターがストーリ上というか、映画の仕組みとして面白いところは、おおよそ感情移入できないような異型の生き物にいつの間にか感情移入して、人類と戦う人類の敵を応援している自分に気がつくというところ。そして、この作品もその構造が全く同じなのだ。あれ?こいつら何か可愛かったり、賢かったり、人間よりずっと義理堅かったり、コッチのほうが良いじゃん、というところをどんどん見せて行く。おかげで、映画のラストシーンでは、「あぁ、良かったね」と思ってしまう。このあたりの構造が素晴らしいんだけれど、あ、これって、アバターも一緒だったよね、みたいなところがある。だから、アバターを見ている人は、理屈では気が付かなくても、「あれ?前にどこかで似たような感覚を味わったような気がする」と感じてしまいそう。メカとかもアバターに良く似たものが出てくるし、かなり損をしている印象。そういえば、戦闘の演出や武器の設定は日本のアニメの影響を多々受けているという感じ。

観ていて一番最初に感じたのは「文字が多い!」ってこと。字幕を追っているだけで疲れちゃう。だから、英語がある程度わかるなら、日本語の字幕は追わない方が良いと思う。字幕自体は松浦美奈さんなので出来が良いんだけれど、どんなに出来が良くても、情報量が多すぎると字幕ばかりを観てしまうことになって、肝心の映像を楽しめなくなる。幸い、英語で出る字幕とかも非常に初歩的で難しい単語がほとんどない。だから、英語だけでも結構行けちゃうと思う。「いやいや、英語は無理」という人は、そうだなぁ、二度観てみるとか。一度目はしっかり日本語字幕を追って、二回目は字幕を観ずに、みたいな。

ストーリーとか設定とかはちょっと粗めで、「なんでぇ?」と突っ込みたくなるところもあるんだけれど、まぁ、細かいことは良いんだよ、という制作側の意向が伝わってくる。「そっか、細かいところは良いんだね」と観る側に納得させちゃうパワーもある。

結構細かいギャグが満載で、何度も「ぷっ」と吹き出しちゃったんだけれど、7割方埋まっていた場内はあんまり笑ってなかった。なんで?面白いのになぁ。

ということで、「物凄いオリジナリティ」という気はしないんだけれど、面白かった。アバターのあとだったのが本当に惜しい。終盤でちょっと間延びした感があるけれど、評価は☆2つ半。オススメ。ただし、デートにはちょっと向かないかな(笑)。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
と、いうことは
アバターを観ていない私にとって、とても面白い作品になるわけですね。
昨年の夏から待っていた甲斐があります。
ハラをすかせた甲斐があります。

空腹にして有名ラーメン店に行った時に限って
湯切りがイマイチだったり、スープがぬるかったりして
怒りが頂点に達することがありますが
District9は楽しめそうです。
小ネタを笑いにいってきます!
Posted by atsushi at 2010年04月11日 14:58
> アバターを観ていない私にとって、とても面白い作品になるわけですね。

可能性は高いと思います。

> 昨年の夏から待っていた甲斐があります。
> ハラをすかせた甲斐があります。

うわ、それなら、このレビューも読まない方が良かったかも(汗)
Posted by buu* at 2010年04月11日 22:42