2010年04月16日

普通に正論であるところの、フジテレビ『Twitter』ドラマ脚本家が問題発言「バカみたい」

何が問題発言なのかなー、と思って見にいってみたけれど、

フジテレビ『Twitter』ドラマ脚本家が問題発言「バカみたい」

普通に正論で、別に問題発言って感じはない。

「ツイッターができることを、なんでそんなに人は自慢するの? できないことをなんで、そんなに下に見るの? 最初にツイッタードラマを書こうと私がしたときに そういう人が何人もいた」


はいはい、実際にそういうことをしている人がいたら、馬鹿みたいですね。別にTwitterをやっているからって偉くないし、どうせすぐにブームなんか過ぎちゃうし、今やっている奴らだって、大半はこの一年ぐらいの登録者でただブームに乗っているだけだし、まぁ、偉くも何ともないし、できなくても別に悪いことは何もない。大体、Twitterで馬鹿を晒していることに気が付いていない馬鹿も山ほどいるし(^^ 馬鹿発見器としては結構優秀というのが僕の見解。

「ツイッターも知らないでツイッタードラマ。ツイッターを知っていることってそんなにすごいのか? というのが私の感想です。こんなのシステムじゃん。調べて勉強して慣れれば誰でも使いこなすでしょ。器械やシステムを使いこなすことが、エライ、と思うことってバカみたい」


お金を取ってドラマを書くなら、一応ある程度は知っておいた方が良いとは思うけれど、所詮テレビドラマだし、表層的な知識で取り上げても悪くはないよね。って、ドラマ、見てないんだけれどさ。何しろ、「こんなのシステムだから、慣れれば誰でも使いこなす。それができたからって偉くもないし、偉いと思っている奴は馬鹿」というのは、アメリカに行けば馬鹿な米国人だって英語を話すんだから、大学の入試に英語があるのはどうなのよ、というのと似た理屈で、これまた普通に正論かと。

「Twitterを使いこなしているオレってすげぇ」とか思っている痛い馬鹿は怒るかも知れませんが、そんな馬鹿いるの?あ、いるか(笑)そのあたりがTwitterの馬鹿発見器としての優秀なところなんだよな(笑)。

ま、ドラマはつまらなそうだからどうでも良いし、この北川さんという人がどういう人かも知らないけれど、ここで取り上げられていることだけなら問題発言でもなんでもなくて、そのどうでもいいネタを記事にしている側の見識を疑うところ。まぁ、ニュースがなくて困っているのかもね。

この記事へのトラックバックURL