2010年04月20日

ようやく日本体育協会から返事がもらえるらしい

弊社社員の国体出場資格を剥奪しておいて珍妙な解釈を振り回し、周回遅れの内容証明を送ってきたりする第一回事業仕分け対象法人の日本体育協会ですが、ライブログからは公開で質問状を送っているにも関わらず一切の反応がありません。

先月25日には「一度訪問させていただき、担当者の説明を聴きたい。その状況については弊社負担でインターネットを通じて生中継させていただき、日本体育協会の見解を詳らかに世の中に知ってもらいましょう」という主旨のメールを送付したのだけれど、一ヶ月近く経っても何の回答もありません。「予算を減らす」という仕分け判定に対しては迅速に対応して鈴木寛文部科学副大臣に予算確保を求めて陳情したりするのに、なぜか本件に付いては反応が遅いのが解せません。

#送付した文書は追記に全文掲載。

本件に付いて日本体育協会から明快な回答と説明がないと、来年以降の小林幸世の出場登録なども判断が出来ないし、公平性という観点からは他県(福岡県とか、佐賀県とか)の選手も困ったことになります。いくら待っても返事は来ない感じなので、もう直接電話してみました。

国体推進部 国体課 03-3481-2217

以下、電話の様子(ほぼ正確に書いています)。

女性「はい、国体推進部です」
元木「株式会社ライブログの元木と申します。西田国体推進部長をお願いします」
女性「少々お待ち下さい」



女性「すいません、西田は本日、終日会議で本日は電話応対できません」
元木「終日とは、いつまでですか?」
女性「1730です」
元木「では、1730にもう一度電話すればよいでしょうか?」
女性「会議が終わっていれば出ることができますが、終わっていなければ電話できません」
元木「では、明日もう一度電話することにします。明日はいらっしゃいますか」
女性「少々お待ち下さい」



女性「担当者が不在でわからないのですが」
元木「会社にはいらっしゃるんですか?」
女性「いるんですが、会議が入っているので」
元木「どんな会議ですか?」
女性「それはお伝えできないんですが」
元木「どうして教えられないんですか?あなた達の組織は税金をもらって運営している組織ですよね?」
女性「少々お待ち下さい」



女性「では、こちらから電話させていただきますので、お電話番号をお知らせください」
元木「(会社と携帯の電話番号を伝達)」
女性「では、お電話させていただきます」
元木「いつお電話いただけますか?今日ですか?」
女性「では、時間はわかりませんが、本日お電話させていただきます」


とのこと。

ということで、どうやら今日中に西田国体推進部長から連絡がいただけるようです。内容については後ほどまたレポートさせていただきます(基本的には電話の内容を全文、包み隠さずブログに掲載します。茨城一区選出の福島議員は経産省時代の同僚なので、彼にも状況を連絡、今後の事業仕分け作業の参考にしてもらいます)。天山リゾートやサンミリオンの調査結果と、それらに対する日本体育協会の見解が楽しみです。

税金からお金(補助金5億180万円、文科省委託金5億1569.9万円、事業活動収入約62億のうちの約16.4%)をもらっている組織なんですから、きちんと説明していただかないと、納税者としても納得がいきませんよね。
3月25日に日本体育協会国体推進部に送付した文面(神奈川県体育協会にcc送付)

株式会社ライブログの元木です。

日本体育協会国体推進部宛て、神奈川県体育協会にccさせていただきます。

弊社小林幸世の出場資格について質問状を送っておりますが、本日になってもまだ返答がいただけておりません。どのような状況でしょうか。幸いにして、弊社は横浜市の会社であり、原宿までは非常に近距離です。

是非、直接お伺いいたしますので、責任者であるところの国体推進部長西田氏および先日内容証明を送付頂きました泉国体委員会委員長よりご説明を頂ければ幸いです。特に、天山リゾート、およびサンミリオンから出場し、上位に入賞している各選手たちの出場資格に関する調査については詳細に説明いただければ幸いです。

スキーシーズンも終了し、時間には大分余裕ができてきましたので、いくつか、候補の日時をいただけますでしょうか。なお、当日の説明については、インターネットを通じて、その内容を全てネットで生中継させていただきたいと思います。機材はそれほど大掛かりなものではありません。弊社はネット関連会社なので、生中継に必要な機材は用意しますし、費用も全て弊社で負担させていただきます。

なお、念のため、3月6日に送付しましたメールを以下にコピーしておきます。

-----------
株式会社ライブログ代表取締役CEOの元木と申します。

日本体育協会あて、神奈川県体育協会にccしております。また、河野太郎神奈川県スキー連盟会長には別途同じ文面でメール連絡をいれておきます。

ウェブサイトで日本体育協会の見解を提示されましたが、残念ながら私が送付した再質問にはひとつも回答されておりません。回答は拒否ということでしょうか。念のため、質問内容を列挙します。

質問内容
1.勤務地は、「「現に主たる勤務実態を有する会社等」の所在地」ではなく、財団法人日本体育協会国体推進部長西田晴之氏が提示した、「現に主たる勤務実態を有する勤務地」という解釈で良いのか。

2.仮に財団法人日本体育協会国体推進部長西田晴之氏が提示した「現に主たる勤務実態を有する勤務地」を意図したものだとすれば、現在の「現に主たる勤務実態を有する会社等の所在地」という記載は不適切ではないか。

3.仮に2の通り記載が不適切だとした場合、不適切な表記をしている瑕疵は財団法人日本体育協会にあり、それによって小林幸世を欠格とするのは不適切ではないか。

4.小林幸世は複数の都道府県および海外で分散して弊社の営業活動に従事しており、その観点からすれば神奈川も「主たる活動場所」の一つとも考えられるが、それはどう解釈すれば良いのか。

5.4の場合、弊社及び小林幸世は、その事実をどうやって客観的に証明すれば良いのか。


なお、これとは別に、本日、「福岡県サンミリオン、佐賀県天山リゾートから国体に出場している選手たちのほとんどはそれらの県の出身者でもないし、それらの県において勤務しているわけでもないのではないか。もし日体協の見解が正しいのであれば、それらの選手は軒並み欠格となるはずだが、日体協はきちんと調査しているのか」という問い合わせが入っております。また、天山リゾートから出場したことのある岡田利修選手については、出場時の所属は天山リゾート(現在は退職)ですが、出場当時長野県佐久市在住、長野県野辺山スキー場勤務だったはずとの情報もいただいております。湯本浩美選手については現在も天山リゾート所属のようです。これらの選手の勤務状況につきましても当然日本体育協会としては把握されておられると思いますので、状況をお知らせいただければ幸いです。

本件につきましては、下記ブログでオープンにしております。

http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/50997188.html
-----------
---
株式会社ライブログ
元木一朗

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51014355
この記事へのコメント
元木さんの電凸はサンヨーをリコールに追い込んだ件が有名ですもんね。電話内容を丸々録音して、全文をブログに掲載したやつ。おかげでサンヨーは30億の損害。

伝説になっている電凸が再現されるのか楽しみです。
Posted by アイリス at 2010年04月20日 11:55
> 元木さんの電凸はサンヨーをリコールに追い込んだ件が有名

また懐かしい話を(笑)

あのブログはまだ残ってますけれどね。確かにサンヨーはアレで莫大な損害を被ったと思いますが、アレは仕方ないですよね。だって、そういう電池を作っちゃったんだもの。

#対応をきちんとしていればそこまで大きな話にはならず、企業イメージも悪くならなかったとは思いますが。

アレも、一般の消費者が情報発信能力を持っているということを過小評価した事例です。このブログは日量1000ヒットぐらいのアクセスがありますが、サンヨーの件はこのブログに掲載したりしなかったわけで、それでもちゃんと注目を集めたわけです。

この件も、埋もれさせる気はさらさらありません。白黒ははっきりさせましょう。
Posted by buu* at 2010年04月20日 12:02
最初は手の内を見せずにしろうとっぽく接近。相手が油断して不用意なパンチを出しているうちに自分の土俵に誘い込んで、相手が気がついたときには退路は完全にふさいであって、あとは強烈なパンチを浴びせまくる。

役所や政治家にパイプがあって、現役スキー選手はもちろん、元五輪選手やスキーコーチにも知人が多いっていうんだから、国体推進部長氏はもう青息吐息なんじゃないですか。逃げ出そうにもこのブログに全て記載されちゃっているし、これからも細心の注意を払わないとすぐに揚げ足を取られる。だからといって無視するわけにもいかない。

傍から見ているとすでにTKOです。
Posted by 都連現役選手 at 2010年04月20日 15:14
まだ電話来ませんが(笑)

> 最初は手の内を見せずにしろうとっぽく接近。

いやいや、ちゃんと正体見せてアプローチしてますって。

> 傍から見ているとすでにTKOです。

いやいや、だって、彼らはひとりの選手の出場資格を彼らの判断で奪ったんですよ。その行動には当然責任があるはず。少なくとも、僕やVIC小林、神奈川県体育協会や神奈川県スキー連盟、さらには全国の国体を目指している選手たちにきちんとした説明をする責任があるはずです。

ところがそれをやらずに逃げ回っている。メールしても返事をしないし、何か来たと思えばトンチンカンな内容証明(笑)。取り巻きに「内容証明でも送ればびっくりして黙るでしょう」などとアドバイスされたのかも知れませんが、冗談じゃない。実際にビジネスをやっている人間の中に内容証明でビビる奴なんていませんよ。逆に本気になりました。そして、電話しても、「今会議中です」とか言って電話にも出ない(いや、本当に会議中かも知れませんが、個人的には99.99%ぐらい居留守を使っていると思います)。

でも、僕は逃がさない。

確かに完璧な包囲網は用意していますが、負けないのが大事ですから、そのあたりは当たり前といえば当たり前。
Posted by buu* at 2010年04月20日 16:13

大会の位置づけが非常に曖昧だと思います。

そもそも「国体をやめてしまう」に一票!
Posted by アントキの猪林 at 2010年04月21日 00:03
>
> 大会の位置づけが非常に曖昧だと思います。
>
> そもそも「国体をやめてしまう」に一票!

もう、ほんとに日本体育協会とか、いらないですよね。国体もさっさとやめちゃえば良いと思います。この2ヶ月ぐらいで僕の考え方も大きく変わりました。冬季国体なんて、毎年開催してくれる場所を探すので四苦八苦しているんですからね。国体をやめてしまって、日体協も解散してしまえば、10億円も税金が節約できますしね。とりあえず、今回の経緯については政治家にも連絡を入れておきます。
Posted by buu* at 2010年04月21日 01:37
たびたびスミマセン。
やはり一般国民としては「国体?、そんなこと、まだやってるの?」
という感覚なのではないでしょうか?

個人競技は、それでもまだ白黒わかりやすいと思います。
団体競技の選手選抜、監督・コーチの選抜なんて、その決め方を
含めて、多くの県で一部の人に私物化されていると聞きます。

個々のスポーツで県大会や全国大会があればよくて、国体の位置
づけがよくわかりません。せめて税金は使わないで欲しいです。

ドクター・ヘリの設備や仕組みの充実等で、救える命を救うなど
税金は優先順位が高いと思える方から使って欲しいと思います。
(主旨から少し脱線しているコメントで申し訳ありません...)
Posted by アントキの猪林 at 2010年04月21日 23:33
> やはり一般国民としては「国体?、そんなこと、まだやってるの?」
> という感覚なのではないでしょうか?

うーーーん、そうかも知れないですねぇ。僕はほんのちょっと前まで選手として国体予選に出ていたし、そのころの仲間にはまだ競技を続けている人たちもいて、非常に身近ではあるのですが。

> 団体競技の選手選抜、監督・コーチの選抜なんて、その決め方を
> 含めて、多くの県で一部の人に私物化されていると聞きます。

このあたりは、ちょっと僕は知識がなくてなんとも言えません。

> 個々のスポーツで県大会や全国大会があればよくて、国体の位置
> づけがよくわかりません。せめて税金は使わないで欲しいです。

これは、そうかも知れないですね。まぁ、国体も全国大会の一つではあると思うのですが。最近は国体をやるのもかなり負担なようで、冬季国体はやってくれる県を探すのに苦労しているみたいです。そこまでしてやる必要があるのか、という議論は当然あってしかるべきですね。

> (主旨から少し脱線しているコメントで申し訳ありません...)

全然構いません(^^
Posted by buu* at 2010年04月23日 14:46