2010年04月21日

第68期将棋名人戦第二局二日目

今日、第二局の二日目。

一日目が終わった時点で持ち時間に物凄い差があったんだけれど、少しずつ差がなくなってきているみたい。二日目の初手に一時間以上長考したみたいだし。

いつも思うのは、持ち時間のバランスを取ろうとしているんじゃないかってこと。今日で言えば、二日目の初手はどう考えても3八歩成しかなくて、解説者も含めて「この一手」という判断。そこにこんだけ考える意味がわかんない。当然その先のことを考えているんだろうけれど、「それは先で考えろよ」と素人だから思う(^^。糸谷五段みたいにさくさく指す人が名人戦に出てきて、持ち時間の差が8時間とかになったら面白いのになぁ。今日は朝の衛星放送の中継、一手も進まなかった。それを予期してか、テレビ局は河童捕獲許可証なんて見せていたけれど、そんなの興味ないぞ(^^;。

ちなみにYahoo!ズバリ予想では挑戦者に賭けてみた。たった50ポイントだけれど(^^。

それにしても、衛星放送のオープニングが大仰になって凄い違和感。

この記事へのトラックバックURL