2010年04月26日

アリス・イン・ワンダーランド

4a511044.jpgシザーハンズを復習してから観るという、念には念を入れた鑑賞だったのだけれど、びっくりするほど面白くなくて、途中からは意識を失わないためにガムを噛み続けなければならない始末。

3D映画ということで例によって川崎のIMAX、座席はQ列真ん中付近と、IMAXの中では前よりの次に良いポジションでの鑑賞だったんだけれど、まず3Dの立体感がイマイチ。いや、確かに立体ではあるのだけれど、アバターで観せてもらったようなリアルな立体感じゃない。リアルじゃないのに、そこで展開されているのはアバターのような「見たこともない世界」ではなく、「どこかで見たことがあるような世界」だったのも今ひとつピンと来なかったところかも知れない。アバターが提示したものが「見たこともないものを見せるための空間」だったのに対して、本作は「どこかで見たことがあるものをとりあえず3Dにしてみました」という感じなのである。

映像は確かに凝っているんだけれど、アバターと比較してしまうとちょっと落ちるって言うのは否定出来ないところ。何しろ、アバター以後はアバターが標準になってしまうので、正直この映画にとっては不幸だったと言うか、もうちょっと早くやっていれば、とも思うのだけれど、とにかく、今一歩。もしかしたら2Dで鑑賞すればもう少し良かったかも知れない。

アリスはなかなか良かったと思うけれど、マッドハッターはどうなんだろう。こちらも今一歩、味が出しきれていなかった感じがする。白の女王も魅力に欠けていた感じ。かえって赤の女王の方が味があるというか、存在感があった。っていうか、本作で一番アピールしていたのは彼女だと思う。他にも色々なキャラクターが配置されてはいるのだけれど、どれもこれも食べ足りない。何か、全てが少しずつ足りないのだ。

ストーリーはといえば、古い言い伝えのとおりに進んで行くあたりがナウシカみたいで、意外性とかが全然ない。だって、結論はもう最初から提示されちゃっているんだもの。だから、次にどうなるんだろうというわくわく感もない。

見せ場の戦いのシーンもイマイチだったなぁ。

美術と音響は良かったと思う。特に美術は細かいところにまでこだわりがあったようだ。ただこれも残念なんだけれど、3Dは細かいところをじっくり観るのには適さない。その意味でもやっぱり、2Dの方が楽しめたかな?

一番落ち着いて楽しめたのがエンドロールというのもちょっと皮肉なところ。あ、あと、盗み食いをするカエル。あれは可愛かった。

うーーん、評価は☆半分。2Dで観たらもうちょっと評価が高くなるかも(それでもせいぜい☆1つ半ぐらいかな?)。DVDじゃなくて、大きな画面で、とも言えないし、どうせなら3Dで、という感じでもなく、まぁ、ジョニデのファンとかじゃないならスルーかな?というくらいに見所のない映画でした。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
おすすめ度
【映画】アリス・イン・ワンダーランド【DOMANGOLIAN Blog】at 2010年05月28日 05:14