2010年06月04日

名刺ジャンケンの切り札

友達と飲み会をするときの余興のひとつに名刺ジャンケンがある。

手札に5枚の名刺を持って、一枚ずついっせいのせで出して、一番強い名刺を持っている人が全部いただける、というルール。5枚使い切ったところで1セット終了。一度使った名刺はもう使えなくて、5セットでおしまい。だから、最低25枚の名刺を持っていればこのゲームができる。それで、一番たくさんのセットを取った人が勝ち。

大抵の場合、役人とか広告代理店が有利なんだけれど、でも、誰でも5枚ぐらいなら最強レベルの名刺を持っているので、それなりに勝負になる。

ちなみに、勝ち負けを判定するのがこのゲームの一番面白いところで、どうしてその名刺が強いのかをみんなで色々アピールするのが肝。

とまぁ、そういう下賎なゲームを時々やるのだけれど、菅さんが総理大臣になったお陰で僕は最強の一枚を手に入れた(笑)。

P1020529


この記事へのトラックバックURL