2010年06月15日

よし、本気でベスト4(笑)を目指すならオランダ戦はこれで行け!

意外にもワンチャンスをものにしてカメルーンから勝ち点3をゲットした岡田ジャパン。あれほどボール・ポゼッションにこだわっていたのに、本番であっさりとそれを捨て、守備で機能しない中村を起用せず、本田、松井、大久保の3人をローテーションさせる変則的なワントップで勝負をかけるという一か八かの勝負に出たところは監督の手腕を認めざるを得ない。

日本は何か全国的に祝勝ムードだけれど、グループ2位か3位か、というチームに4位と思われたチームが勝って、あぁなんだ、4位のチームはこっちだったのか、というのがわかっただけのこと。重要なのは最後のデンマーク戦である。デンマークはオランダに2−0で負けているので、日本はオランダに0−1で負けるなら御の字であるが、とにかくデンマーク戦には最低でも引き分け以上が必要になるのは間違いない。ということで、オランダにはそこそこの点差で負けて、デンマークで勝ちに行く必要がある。となると、オランダ戦でどういう戦い方をするのかが重要だ。幸い、日本には捨て駒がいくつかある。それを効果的に使う必要がある。特に、今大会での岡田ジャパンのキーマン、阿部が昨日のロスタイムでイエローをもらった影響は小さくない。捨て試合のオランダ戦でイエローを貰って肝心のデンマーク戦に阿部が出られなくなったら洒落にならない。当然、阿部は試合には出すべきではない。また、今の戦術は守備的ミッドフィールダーとサイドバックに負担がかかるので、駒野、長友、遠藤も出すべきではないだろう。ずっと高地に置いておいて、低地での試合には参加すらさせたくないのが本音だ(無理だろうけれど)。ということで、阿部、駒野、長友、遠藤は全員お休み。ついでだから高齢の中澤も休ませよう。考えられるフォーメーションはこんな感じなのかな?

      森本
   玉田   矢野
      俊輔
    憲剛 稲本
今野 田中 岩政 内田
      川島

これで0−1なら御の字。仮に0−3で負けても、主力は休養十分で一次リーグ最終戦に臨むことができる。日本は初戦がカメルーン戦だったということが今となっては大きなアドバンテージなのだ。2試合目に、勝って臨むのと負けて臨むのでは雲泥の差である。初戦で負けたデンマークは次のカメルーン戦で手を抜く事はできない。一方、日本は捨て試合にできるのである。それなら、絶対に捨てるべきだ。黙っていても阿部は外すだろうし、俊輔は使うだろうけれど、このくらい思い切ってメンバーチェンジしても良いはず。

次戦、日本でのTV放映は20時30分から。代理店の立場から普通に考えれば捨て試合なんてもっての他なのだけれど、幸いにして捨て駒には中村俊輔という国民的スター選手がいるからアディダスの顔も立つ。岡田ジャパンには物凄い風が吹いているのだ。

あ、あと、カメルーンが呪術師を連れているなら、日本は陰陽師で。全国の神社でお焚き上げも。もちろんオランダ戦じゃなくて、デンマーク戦でね。

この記事へのトラックバックURL