2010年08月26日

モス日本全国うまいものめぐり ポークソテーバーガー

昔はモスバーガーって、ハンバーガー屋を美味しいとマズイに2分類すると美味しいに分類されていたけれど、最近はすっかり落ちぶれてマズイに分類した方が良いかな、と思い始めている。そんなモスバーガーの前を通りかかったら、今日から始まった新しいキャンペーンがあるらしく、しかも「しょうが風味」などという煽り文句があって、しょうが大好きな僕としてはちょっと抗えないものがあった。仕方無しに入店して、ポークソテーバーガーと、あろうことか、とびきりハンバーグサンド「トマト&レタス」を注文してしまった。なんというハイカロリー。馬鹿すぎる。

ということで、仕方無しに食べてみました。

DSCN1218


DSCN1216


やべぇ、なんだこりゃ。

まず、ポークソテーバーガー。確かにしょうが風味のソース。それは良い。なんだ、この肉。不自然に柔らかいペラペラの肉。これ、成型肉ですか?なんだかよく分からないけれど、美味しくない。味付けは良いけれど、肉質が悪くて。もう食べない。

続いてとびきりサンド。うーーーーん、これもどうなんだろうね。いつからモスバーガーってこんなパテになっちゃったんだろう。あぁ、匠味が劣化したあたりからか。初代の匠味までは良かったんだけれど、あの手のハイエンドバーガーって最近は全然珍しくなくなったので、結局高校生とかのお金のないクラスターを狙うしかなくなっちゃったんだろうね。でも、そこはマクドとロッテリアの独壇場のような気もするんだけれど。

何しろ、マクド化してしまったモスバーガーにはもはや何の魅力もない。今日をもって、僕はモスから卒業することを宣言する。思い返してみると、君との出会いは今を遡ること、約27年前ぐらいじゃないだろうか。鴨居の忠実屋のそば、昔で言う若菜グループのゆうやけこやけがあったあたり。いや、たくぎんの向かいか。小学校の同級生で凄く可愛かった豊田さんがバイトしていたんだったっけ。あ、店の場所がそこになったのはもうちょっとあとだっけ?最初はチサンマンションの方にあったような気もする。でも、たくぎんも潰れ、いずみ書店もなくなり、忠実屋もつぶれ、ダイオーもなくなり、鴨居や東本郷も随分と変わったよね。だから、モスバーガーが変わってしまったのも仕方がない。っていうか、もう鴨居のモスバーガーもないのかも知れないね。

さようなら、モスバーガー。

この記事へのトラックバックURL