2010年10月19日

あしたのために その1 牛丼編

8a542f88.jpg日経ビジネスに載っていた「すき家」の話。

他にも、朝礼でロールプレイングをやるとか、24時間カメラで監視されているとか、強盗に襲われ続けても対策を講じないとか、すげぇ話がてんこ盛り。それで、そういう状態をお手本のようにして記事にしている日経ビジネスもまた凄い。

あー、日本にもこういう北朝鮮ライクな会社があるんだなぁ、と素直に驚いた。

正直馬鹿かと思いますが、是非頑張って!

しかし、自分で考えて自律的に動くことができるというのが人間としての価値(機械との違い)だと思うんだけれど、こうやって徹底したマニュアルと、それに沿った運用に自分を合わせるほうが楽で心地良い人もいるんだろうね。その存在自体を否定するものではないです。すき家をやめたらそのスキルって何の役に立つんだろう、とかは思うけれど、野球がどんななに上手でもそのスキルは他では役に立たないのと一緒。マニュアルに合わせて動くことができるという隠しスキルが身につくわけだから、軍隊とか、そういうスキルが活かされる場で頑張るんでしょうね、きっと。徹底した「私がいなくなっても代わりはいるから」の世界だなぁ。


この記事へのトラックバックURL