2010年10月28日

体罰禁止原理主義でなめられた事例

「授業中にガムやアメ」教諭が中2の顔殴る

えっと、良くわかんないんだけれど、普通「殴る」って言ったら、グーパンチだよね。平手打ちを殴るって言うのかな?

それと、最近は授業中にガムを噛んだり、飴をなめたりしても良くなったの?

平手打ちじゃなくて、防具つけさせて剣道の練習とか(相手はもちろん有段者)、柔道の乱取りとか(相手はもちろん有段者)、そういうのなら良かったのかな?

グーパンチだろうが、平手だろうが、男子中学生相手なら普通でしょ。女の子じゃまずいかも知れないけれど。

こんなのいちいち記事にしていたら、中学校の先生なんて誰もやらなくなるし、そもそも教育が成り立たないんじゃないの?っつうか、校長先生が治療費立て替えるような学校だから、授業中にガムを噛んだり飴をなめたりしちゃうんじゃないの?文字通り、なめられているわけで。

で、読売新聞としては、「こんな教師はけしからん」ってことなのかな。世の中的にはもう体罰って、絶対にNGなわけ(笑)?僕なんか、小学校の頃から何度先生にひっぱたかれたかわかんないけどね。

なんというか、アホらしい。こんな学校には子供を通わせたくないですな。

この記事へのトラックバックURL