2010年11月08日

中日視点での今シーズンのプロ野球総括

シリーズ最終戦も今年を象徴するような試合。序盤で森野がケガで交代。吉見はぴりっとせず、予定よりも大分早めに投入された中継ぎ陣が炎上。リードを守りきれず、守備にほころびが出て後手にまわる展開。9回に和田のスリーベースとブランコの犠牲フライでなんとか追いついたものの、岩瀬のピッチングに不安を抱える中日ベンチは浅尾を異例のロングリリーフ起用。そして、ランナー2塁、前進守備でポテンヒットも許さない、というシフトを取って、その頭を越されるスリーベースを食って万事休す。

シリーズ全体で見ると、中日から見て●○●○●△●という流れで、終始ロッテがリードする展開だったけれど、ポイントになったのは第7戦だったと思う。この試合の中だけでシーズンの行方が二転三転した。

初回、ロッテに2点が入って「あぁー」という感じだったのだが、3イニングで逆点して4点のリード。ここまでは完全に中日のペース。しかし、ここで中日を慌てさせたのがロッテ3番手の薮田の好投だった。内野スタンドから見ていてちょっと不可解だったのは、徐々に内容が良くなってきた吉見を4回で交代させたこと。おそらくは4点あれば余裕で逃げ切れる、と計算したんだろう。ところがここで二つめの計算ミス。絶対的な安定感を誇っていた河原が乱調で一気に追いつかれてしまった。そのあと中日のまずい守備もあって一度は勝ち越されたのだけれど、9回裏にブランコの犠牲フライで追いついたときにはすでに中日のペース。第8戦にはロッテにピッチャーがいないし、金を交代させてしまって打線にも穴が生じている。一方で中日には和田、ブランコ、谷繁という一発のあるバッターがまだ全員残っていた。「これは、もらったな」と一塁側の多くのファンが思っていたはずだ。しかし、12回、先頭の今江にストレートのフォアボールを与えたところから計算が狂いだす。伊藤の送りバント、里崎のショートゴロで、さぁ、この回も終わりだと思ったところで打たれたのが、通常ならライトフライの位置への力のないフライ。これが、前進守備の頭を超えてしまったのだから野球というのもわからない。

打たれたのは浅尾だ。でも、浅尾は4イニング目。全く責められない。なぜ浅尾がこんなに投げなくてはならなかったのか。ひとつに5回ももたなかった吉見のピッチング。そして、絶対的な信頼を寄せることができない岩瀬。加えて、投げても投げても点を取ってくれないバッター達。

今年の中日は、正直、セ・リーグで優勝するだけの戦力は持っていなかった。吉見は安定しないし、岩瀬は往年の球のキレがすっかりかげをひそめ、4者凡退が常。中継ぎ陣の異様な頑張りとチェンの安定したピッチング、シーズン途中からのネルソン、山本昌の活躍がピッチングスタッフを支えた。でも、朝倉と小笠原はどこかにいったままだし、山井、中田も不安定。バッターも井端は消えたままだし、ブランコはむらがありすぎて大型扇風機のよう。ケガを抱えたままの和田と、特に序盤に打ちまくった森野の二人だけで牽引したような打撃陣。大島の台頭はあったものの、数年前の森野の大躍進のようなものは見当たらない。野本、堂上兄弟、英智あたりから受ける印象は散発、小粒。シリーズでも2番、5番で流れが切れるので、どうしても大量得点につながらない。そして、守備。名手荒木もショートに回ると不安定。森野も球際には強いのにスローイングが安定しない。堂上弟の守備は素晴らしいし、強肩の外野もなかなかのものだけれど、去年までの守り勝つというイメージからは程遠い。

それでも、ペナントは阪神、読売が勝手にこけてくれたから優勝できた。

それはそれで、別にペナントの優勝に価値がないわけではないのだけれど、最後の短期決戦ではパ・リーグの3位のチームに負けてしまった。

ペナントレースとクライマックスシリーズ・日本シリーズでは求められるものが全く異なる。ペナント優勝、シリーズ優勝の同時優勝・完全優勝というのは非常に難易度が高い。そして、今回は中日がその厚い壁に跳ね返された。これによって、今シーズンはペナント優勝2チーム、シリーズ優勝1チームということになって、完全優勝チームはなしになってしまった。

ところで、例によって「3位のチームが日本シリーズ優勝なんておかしいんじゃないか?」という話が散見されるのだけれど、どうなのかな。確かに微妙に釈然としないところがあるし、2007年に日本一になった中日のファンとしても、2位から日本一というのもなぁ、という部分があったのは確かだ。だから、今年は完全優勝を目指していたわけだけれど。でも、ロッテが中日よりも強かったことは事実。

そもそも、12チームしかないのに、大リーグを真似してポストシーズンを設置しているのがおかしいわけで、どうせチーム数が少ないんだから、もう12チーム総当りのリーグ戦にしちゃえよ、と思わないでもない。各チームそれぞれ12試合ずつ(ホーム6、アウェイ6)、年間132試合。これで優勝を争えばすっきりする。セ・リーグに所属しているチームがホームの時は9人制、パ・リーグに所属しているチームがホームの時は指名打者制ってことなら、セ・リーグもパ・リーグも75%の試合で自分たちが有利な制度を使って試合ができるわけだし。いや、これが空論なのはわかってますけれどね。以前ほどではないにしても、読売戦という金が稼げるカードを既得権として持っているセ・リーグ各チームがこれを認めるとは到底思えないから。

あー、昨日の浜名湖のラーメンが凄くまずかったけれど、その理由は多分彼らが既得権者だから。別に営業努力しなくてもお客さんは来るし、逆に凄い美味しいと言われても、それを目当てに高速を使う人間なんてほとんどいない。だから、努力をしても無駄。こういう環境に置かれている店で美味しい物を食べることができる可能性は非常に低い。往々にして、既得権者が幅をきかせているとろくなことがないのだけれど、野球もそんな感じかなぁ。

#でも、そうは言っても最近はパ・リーグに好選手が多くて、コンテンツとしてもパ・リーグの試合のほうが価値が高いよね。読売とか、ちょっと前は桑田とか、上原とか、見たくなるピッチャーがいたけれど、今は誰もいないし。

個人的にはクライマックスシリーズについてはやや肯定的。その上で思うのは、2位、3位のファーストステージの試合数を5試合にすべき、ということ。3試合じゃ少なすぎるでしょう。

何しろ、このブログを読んでいるロッテファンの皆さん、おめでとうございます。

この記事へのトラックバックURL