2011年02月08日

ヒマラヤン食堂

カレー通の友達がオススメするお店がすぐそばにあるというので、友人家族などと連れ立って食べに行ってみた。

DSCN3208


DSCN3212


DSCN3214


DSCN3216


DSCN3218


正直、僕はカレーの経験値が低すぎて、どこが良くてどこがだめなのか、まだきちんと判断ができない。特にインド系はわからない。朝霞だと、良く行っていたのがチャンドニーというお店なんだけれど、インド、ネパール方面の人に食べさせるとチャンドニーはもう二度と行かないレベルらしい。そして、そういう人たちも、ここは褒めるらしい。

そして、彼らが一番重視するのはナンらしい。ナンを焼く釜がちゃんとあるかどうか、これが非常に重要なようだ。日本人からすると、ご飯と味噌汁がきちんとしているかどうか、という感じだろうか。それで、チャンドニーは、自前で釜を持っていないらしい。この店はちゃんと釜がある。

今日は仕事の話とか、先日受けた講義の話などをしながらの食事だったので、きちんと味を見ながらの食事ではなかった。なので、あ、美味しいね、ぐらいの感想。次に行くときは、ひとりで行ってみようと思う。

店名 ヒマラヤン食堂
住所 朝霞市三原1-18-25
TEL 048-468-3101
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
舌足らずだったので補足を。「ナンを出すインド料理店」ならナンを焼くための釜(タンドゥール)を置いているべき、ということです。ナンを出さない店でタンドゥール釜がないところは結構あります。東銀座の『ダルマサーガラ』なんかはその典型ですね。

ちなみにインドではナンはテイクアウトで買ってくるor外食で食べるものです(タンドゥール釜を使った料理はどれも北インド地方の宮廷料理の名残なので)。普段はフライパンで似たような無発酵パンのチャパティを焼いて食べるか、ライスを食べます。
Posted by カウンター側の同席者(すみません匿名で) at 2011年02月10日 21:06
> 「ナンを出すインド料理店」ならナンを焼くための釜(タンドゥール)を置いているべき、ということです。

笑 理系っぽい補足をありがとうございます。多分、文系のみんなはちゃんと行間を読んでくれています(笑)。

> ちなみにインドではナンはテイクアウトで買ってくるor外食で食べるものです(タンドゥール釜を使った料理はどれも北インド地方の宮廷料理の名残なので)。

ほーーーー、ハレの食べ物なんですね。日本で言えば・・・・・ラーメンみたいなものか。家で食べるのはインスタントラーメン。僕、子供の頃にさんざん出前のラーメンを食べたクラスターです。
Posted by buu* at 2011年02月11日 02:18