2011年02月13日

八百長なら八百長で良いんだが

基本的に、「八百長です」とわかっていればそれはそれで良いんだけれど(つまりやっている方と、見ている方で、「これは八百長ですよ」という同意があれば問題ない)、この調査はどうなのかね。

78人面談終了も…力士と親方 再聴取へ
http://sports.yahoo.co.jp/sumo/news/show/20110213-00000037-spn-spo

正直に白状した場合のメリットが何もないなら、とりあえず「やってません」って言うよね。デメリットばかりなんだから。

正直に言った場合はこう、嘘をついてあとでバレたらこう、と、先にある程度処分の内容を告知しておかないと。もしかしたら内部的には何か提示があったのかも知れないけれど、それは、対外的にも必要。だって、この調査は社会の納得を得るためにやっているんだから。なんかこう、手順がおかしいんだよな。

この調査でわかることは、相撲協会が調査なんかやる気がないか、あるいは馬鹿だってこと。どうせ、「上位の有力な力士から八百長の証拠が出てきた場合に困るから、まずは様子を見よう」ぐらいの、コシが引けた状態なんだろうなぁ。

クビを切られた八百長力士が片っぱしから証拠を提示するのが第三者的には一番面白い展開。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
はじめまして。(もしかしたら二度目かも知れません。そのようでしたら済みません。)

野球賭博のときに正直に話せば軽い処分で済ますと言っておきながら解雇処分にした前科がありますから、その対応では無理でしょう。
どう考えても野球賭博より重大事案ですし、正直に話しても解雇処分は免れないでしょうし。
もっとも、相撲協会側も軽い処分にするつもりでいたようですが、厳しい処分にすべきという世論の意見の強さに腰が折れたのが原因のようですが。

クビを切ったぐらいで証拠が出てくるんでしょうかね。
まず「解雇は行き過ぎ」という訴訟があって、それが敗訴確定して初めてその動きになるのではないかと。
リークする元力士とそれを拾う三流週刊誌はいるでしょうけど。
Posted by 名無し at 2011年02月15日 08:11
> はじめまして。(もしかしたら二度目かも知れません。そのようでしたら済みません。)

名無しさんは別に何度目でも構いません(笑)

> 野球賭博のときに正直に話せば軽い処分で済ますと言っておきながら解雇処分にした前科がありますから、その対応では無理でしょう。

これも含め、協会と力士間の約束の話なので、そのあたりは明確にしておけば良いだけの話。約束を守れないなら、協会はその責任を取れば良いだけのことなので。

> 相撲協会側も軽い処分にするつもりでいたよう

そうなんですか。随分現状認識能力が低いなぁ。

> まず「解雇は行き過ぎ」という訴訟があって、それが敗訴確定して初めてその動きになるのではないかと。

のんびりやっていると協会の公益法人格の取得が難しくなるわけで、困るのは協会なんですが、まぁ自業自得ですね。
Posted by buu* at 2011年02月15日 13:34