2011年02月24日

すき焼き

スーパーで国産牛肉を安売りしていて、ふらふらっと買ってしまった。思い返してみると、牛肉ってほとんど買ってないよなぁ。さて、ビーフストロガノフにするか、あるいは牛丼にするか、と考えていて、思いついたのがすき焼き。僕がすき焼きで覚えているのは、六角橋にあった祖父の家で食べたすき焼き。なんでそれを覚えているのかわからないけれど、子供の頃の記憶がほとんど残っていない僕の頭の片隅に、なぜか祖父の家で食べたすき焼きが残っている。でも、そのすき焼きって、普通のすき焼きとはちょっと違うらしい。僕の記憶にあるのは、ほとんど鍋。焼いて食べるんじゃなくて、煮て食べる感じ。そういうすき焼きって、逆に珍しいことが分かってきたのは会社に入ってからかも。あぁ、焼いて食べるものなんだ、って分かってきた。それで、今日作ってみたのは焼いて食べるのに近いタイプ。

鍋にちょこっと牛脂を塗って、そこで牛肉を約半量焼く。その上で、軽く湯通ししたしらたき、石づきを取った生しいたけ、斜めに切った長ネギ、適度な大きさに切った焼き豆腐を並べ、割り下を投入。割り下はしょうゆ1/2カップ、みりん1/4カップ、砂糖を大さじ5杯ぐらい。ちょっと味を見て、オッケーだな、と思ったところで作成完了。それで、この割り下を全量投入。コンロにかけて、牛肉に火が通ったら生卵につけて食べる。肉は適宜追加して、火が通ったら食べる。この繰り返し。

11_02_19_102


ちょっと煮詰まったかな、と思ったので、途中で少量の日本酒を投入してみたら、これはこれで結構いけてる。ただ、そのあと車の運転は自粛した。

春菊が欲しかったな。水菜でも良かったかな。美味しかった。☆2つ。

ところで、僕は醤油も本みりんも普通にスーパーで買ったものを使っているのだけれど、こういう料理って味付けは醤油とみりんと砂糖。日本の料理って、醤油とみりんの2:1配合が凄く多い。っていうことは、この二つにこだわったらもっと美味しくなるんだと思う。今後は醤油とみりんにこだわってみようかな。

この記事へのトラックバックURL