2011年03月02日

アゴラブックスで「Twitter後のネット社会」を買う! 〜楽天編〜

●準備
アゴラブックスで「Twitter後のネット社会」を買うにはどうしたら良いのか、という問い合わせがありましたので、画像で解説したいと思います。アゴラブックスで買い物をするには楽天を使う方法と、Paypalを使う方法があります。すでにPaypalのアカウントを持っている方はPaypalで購入するのが簡単ですが、米国の決済システムということもあって、日本ではまだアカウントを持っている方は少ないと思います。今からアカウントを取ってももちろん構わないのですが、Paypalが200円の請求をして、そこに書いてあるナンバーを書き取って・・・と、そこそこに煩雑な手続きが必要になります。そこで、日本人の皆さんに馴染みの深い、楽天を使って購入する方法を紹介します。まず、大前提として楽天のアカウントを持っていることが必要になります。そして、クレジットカードを登録しておいてください。では、やってみましょう。

●アゴラブックスへ
まず、アゴラブックスのサイトにアクセスします。アゴラブックスのサイトは下記になります。

アゴラブックス

●楽天会員でログイン
さて、このページにアクセスしたら、サイト上部にある「楽天・ログイン」のアイコンをクリックしてください。

agora1


すると、楽天のページに飛びます。ユーザーIDとパスワードを入力してログインしてください。

「あなたは楽天会員のユーザーIDを利用して、次の提携サイトへログインしようとしています。 www.agora-books.com」と表示されます。注意事項が記述されていますので、それを読んでいただき、同意する場合はオレンジの「同意する」ボタンをクリックしてください。

またアゴラブックスのサイトになります。今度は左上に「こんにちは、楽天会員様」と表示されて、楽天会員としてアゴラブックスのサイトにアクセスできていることがわかります。

今は「Twitter後のネット社会」は新刊なので、このページの一番最初に「Twitter後のネット社会」が表示されます。

●立ち読みしてみる
(もう購入を決めている方は、「購入する」へお進みください)
まず、ここで黄色の「立ち読み」ボタンを押してみてください。すると、ブラウザの新しいページが開きます。そして、ここで立ち読みをすることができます。実際には、多分皆さんは椅子に座っていると思いますが、座っていても立ち読みです。とりあえず、表紙をクリックしてみてください。目次のページになります。以下、次のページを読みたかったら右のページを、戻りたかったら左のページをクリックしてください。また、ブラウザの上部にはコントロールアイコンが表示されます。右矢印をクリックするとページが進みます。どこをクリックしても壊れることはないので、適当に色々といじりながら、立ち読みしてください。立ち読みは40ページまでできます。

●購入する
さて、立ち読みをしてみて、「じゃぁ、買っちゃおうかな」と思った方は、立ち読みのウインドウを閉じて、元のアゴラブックスのウインドウに戻ってください。今度は「購入」の赤いボタンをクリックしてみてください。

次の画面では、決済方法の確認が行われます。「楽天お支払い」の赤いボタンをクリックしてみてください。

agora2


楽天の「あんしん支払いサービス」のページになります。ここでふたたびユーザーIDとパスワードが要求されますので、IDとパスワードを入力して、「ログイン」をクリックしてください。

「楽天あんしん支払いサービス お支払い画面」になります。右上には、「ようこそ○○○○さん」と、あなたの名前が書かれているはずです。「お買物内容」を確認したら、「注文確認画面へ進む」をクリックしてみてください。「注文社情報」「お買い物内容」「決済内容」を確認して、間違いがなかったら、「メールマガジン」を購入するかどうかを決めてから「この内容で注文する」をクリックしてください。僕の場合は「このショップからのお知らせ」はチェックを入れたまま、「楽天あんしん支払いサービスからのお知らせ」はチェックを外したままで押してみました。

すると、決済完了の画面になります。

agora3


放っておいても5秒後に無理やり次の画面になります。次の画面はまたアゴラブックスのサイトになります。ここまでで購入の手続きは終了です。お買い上げありがとうございました。では、早速読んでみましょう。

●読んでみる
マイページでも良いですが、せっかく「購入した書籍を読む」というリンクがあるので、これをクリックしてみます。おっと、いきなり本がでてきましたね。ここで、心ゆくまで読むことができます。95000文字もあるので、ちょっと大変かも知れませんが、楽しんでいただければ幸いです。

また、ブラウザの「戻るボタン」を押してみてください。そして、右上にある「マイページ」のアイコンをクリックしてみてください。「楽天会員さんの本棚」というページになったと思います。アゴラブックスで購入した本が一冊だけの場合、「Twitter後のネット社会」が表示されていると思います。本のアイコンをクリックすると、新しいウインドウが立ち上がり、本を読むことができます。普通に読むときは、アゴラブックスのサイトに楽天のIDでログインして、マイページに行って、本棚から本を選ぶことになります。この方法のデメリットは、ネットにアクセスしていないと読むことができない、ということです。え?そうなの?ネットにつながってない時も読みたいなぁ、という方。大丈夫です。「Twitter後のネット社会」は、どこにいても、どんな環境でも読むことができます。端末の電池が切れていなければ。

●PDFで読む
では、どうしたら良いのでしょうか?マイページの本棚で注目していただきたいのは、「pdfで読む」という赤いボタンです。このボタンを押すと、電子コンテンツダウンロード規約が表示されます。著作権のことが書いてあって、要は「コピーしちゃ駄目ですよ」ということなので、ここを了解していただいた場合は、「規約に同意してPDFをダウンロード」の文字をクリックしてみてください。すると、PDFファイルをどうするか聞いてくる画面が出てきます。ここで、「ファイルを保存する」を選択して、「OK」をクリックしてください。なんと、書籍が全部PDFでダウンロードされました。PDFのファイルなら、インターネットにつながっていなくても読むことができます。

●iPadやiPhoneで読む
このファイルを、僕の場合はiTunesのライブラリの「ブック」に入れてみます。そして、iPadを同期してみると・・・・やったー、iPadで「Twitter後のネット社会」が読めちゃう!僕は著者だけど(汗)。僕のiPod touchは第一世代なので、iOS4に対応できません。なので、iBooksにも対応していなくて、読むことができません。でも、iOS4以降のiPod touchやiPhoneなら大丈夫。僕は持っていないのでわかりませんが、多分Androidのスマートフォンでも大丈夫なはずです。素晴らしい。これで、いつでもどこでも好きなときに「Twitter後のネット社会」を読むことができます。

DSCN3374


アゴラブックスで「Twitter後のネット社会」を買って、読む方法はこれでオシマイです。では皆さん、是非読んでみてください。なお、感想や質問などはツイッター(@Amidalachan)やメールで常時受け付けておりますので、お気軽にどうぞ。

参考:アゴラブックス 新刊電子書籍発売のご案内

この記事へのトラックバックURL