2011年03月13日

原発をどこにつくろうか?

池田信夫さんが「今回の事故で立地がむずかしくなりそうだ」と述べている。

最悪の事態は起こっていない

今回の地震でわかったのは、原発の緊急対応にあたっては「水が大事」ということ。昨日、ちょっと雑感で述べたけれど、それなら、一つ目の案としては海底が挙げられる。海底に作ってしまえば、エマージェンシーの時は水浸しにしてしまえば良い。ただ、水圧の問題もあるし、非常時の安全性とトレードオフで平時の安全性に問題がある。海底では人間に対するプレッシャーが大きくなる。では、洋上はどうだろう。聞くところによるとロシアやフランスではすでに洋上原発を検討しているらしい。東京湾で作って、完成したら千葉県沖あたりに持っていけば良い。非常時のアクセスについては配慮が必要だけれど、いざとなれば遠くに運んでも良いし、最悪海に沈めてしまえば良い(深海廃棄ということではなく、水浸しにしておいて、あとで回収すれば良い)。

問題は送電コストだろうか?

もうすでに専門家が洋上原発の可能性については議論していると思う。推進派は、これを機に実現性について情報発信してみてはどうかと思う。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
 池田信夫ブログのトラックバックを見てやってきました(私は4年前から池田ブログへの書き込みを禁止されています。ちなみに、池田ブログへの書き込みはID登録制および事前審査制になって居ますが、そういう風になったもとは私です。彼の議論の誤りが余りにひどいので、連続して3回ほど指摘しましたら、あっさり書込み禁止、おまけにコメントの事前審査とID登録制にされました。)

>完成したら千葉県沖あたりに持っていけば良い。

 なぜ千葉県沖にまで持っていくのですか。お台場の前に設置すればよいでしょう。千葉県民を馬鹿にした話です。なお、私は埼玉県民で千葉県民ではありません。

 「新宿に原発を設けよう」と言う本もありましたね。原発の安全性が原発賛成者の言うほど高いのなら、明仁の住んでいるところに原発を設ければ、送電損失もなくなるし、東京は日本最高の技術・資材・人員などが揃っている場所ですから、今回のような事故発生時でも間髪を入れず対応策を講ずることができるでしょう。
Posted by 井上信三 at 2011年03月14日 10:12
>  なぜ千葉県沖にまで持っていくのですか。

危険だからです。今の文脈は、暴走しかねないんだから、そうなったときの最終方策として海に沈めよう、ということ。千葉県沖っていうのが明確じゃないですが、千葉県から100キロぐらいを考えています(まぁ、もっと遠くかも知れませんが)。

>  原発の安全性が原発賛成者の言うほど高いのなら

こんなこと、僕はどこにも書いてないですよ。危険だから海に置こう、と言ってるんです。
Posted by buu2 at 2011年03月14日 11:00
普通に考えると、

1.産業用は自家発電を奨励する(当然火力かつコージェネ)
2.家庭用は燃料電池系のコージェネを推進する
3.変電所へのNAS電池配備、柱上変圧器の増強
各家庭、ビル、事業所等の蓄電池配備を奨励した上で
スマートグリッド化を図る

の政策を実行した方がコストパフォーマンスが良いのでは?
米ロの核削減もあり原発を世界中に売り込むのは良いけど
こんな狭い国に商品見本は要らないでしょう
Posted by 健冒症 at 2011年03月14日 14:16
> 1.産業用は自家発電を奨励する(当然火力かつコージェネ)
> 2.家庭用は燃料電池系のコージェネを推進する
> 3.変電所へのNAS電池配備、柱上変圧器の増強
> 各家庭、ビル、事業所等の蓄電池配備を奨励した上で
> スマートグリッド化を図る
>
> の政策を実行した方がコストパフォーマンスが良いのでは?

原発の必要性については僕は専門外なのでわかりません。あくまでも「原子力発電依存は仕方ない」という前提に立っています。もちろん、代替が可能かどうかの検討はいつも必要だし、議論する良い機会だとも思います。
Posted by buu* at 2011年03月14日 14:20
井上信三 氏の「明仁」と名前で呼び捨てにしているところから
サヨク主義者であり脊髄反射的に反原発を唱える人ということがわかります
まじめに相手をする必要があるとは思えません
Posted by taak at 2011年03月14日 15:45
> 井上信三 氏の「明仁」と名前で呼び捨てにしているところから
> サヨク主義者であり脊髄反射的に反原発を唱える人ということがわかります

ネットも一般社会と同じで色々な人がいますからね。
Posted by buu* at 2011年03月14日 16:57
わざわざ海底に作らないでも、原発が半分地下に埋め込んであったなら、
今回の放水作業もずっとと楽になったような気がしますね。

もっとも燃料や廃棄物等もそのぶんずっと地表に近づくことになるので、
平時の作業員への安全性は低下することになるのかもしれませんが…。
Posted by もる at 2011年03月22日 11:53
> わざわざ海底に作らないでも、原発が半分地下に埋め込んであったなら、
> 今回の放水作業もずっとと楽になったような気がしますね。

やり方は色々あるでしょうね。津波で電気系統を全部やられちゃうという事態は想定していなかったそうなので、要は東電が馬鹿、ということだと思います。建設コストは高くなりますし、また、今回のような数百年に一度の大災害に備えるべきか、というのは議論のあるところですが、今後の検討で「備えは絶対に必要」ということになると思います。そのあたりは専門家に任せれば良いんじゃないかと。
Posted by buu* at 2011年03月22日 13:12