2011年03月13日

本当の死者、行方不明者数

昨日の夜中に、行方不明者ってどうやって数えているんだろう、っていう話をつぶやいたんだけれど、





こっちのサイトによると8万人らしい。

Japan earthquake and tsunami: Hundreds dead and up to 80,000 missing

感覚的にはすごくぴったりとくる数字なんだけれど、テレビは未だに「死者・行方不明者3000人超」とか書いている(23:53 フジテレビのテロップ)。3000人のわけねぇだろ、と思うのだけれど、マジでどういうカウントなんだろう。なんでちゃんとした数字を報道しないんだ?NHKではようやく「宮城県内の死者ほぼ1万人単位」となっているけれど。

今回の地震は、被災者の多くは建物の崩壊じゃなくて、津波によるもの。津波にやられちゃったら、要は溺れちゃうわけで、不明者はほとんど手の施しようがない。医者が何かできるという話じゃなくなっている。そういう現実から、なぜマスメディアは目を逸らしているのだろう。そして、海外から「8万人」みたいな数字が入ってくる。どうなってるんだ?

この記事へのトラックバックURL