2011年03月15日

福島第一原発の原子炉別まとめ(0315 21:07更新)

東電プレスリリースより作成(随時更新)


1号機
3月11日
14:46 タービンおよび原子炉が自動停止
15:41 非常用ディーゼル発電機が故障停止

3月12日
0:00 原子炉の水位低下。半径3キロの住民に避難、半径10キロの住民に屋内待機指示
6:00 半径10キロの住民に避難指示
11:00 原子炉格納容器内の圧力降下操作実施
15:36 大きな音と共に白煙発生、安全確保作業担当者4名負傷
21:00 海水の注入、ホウ酸混入海水の注入
22:15 地震の影響で作業中止

3月13日
2:00 海水の注入、ホウ酸混入海水の注入

3月14日
3:00 海水ピットの水不足により、ポンプを止め、海水ピットに水を補給


2号機
3月11日
14:46 タービンおよび原子炉が自動停止
15:41 非常用ディーゼル発電機が故障停止

3月12日
0:00 原子炉の水位低下。半径3キロの住民に避難、半径10キロの住民に屋内待機指示
6:00 半径10キロの住民に避難指示
11:00 原子炉格納容器内の圧力降下操作準備

3月13日
2:00 原子炉隔離時冷却系で注水
12:00 原子炉格納容器内の圧力降下措置

3月14日
3:00 海水注入の準備
時刻不明 原子炉建屋から水素ガスを抜く処置を検討
23:30 原子炉隔離時冷却系の停止により原子炉水位低下、原子炉圧力上昇、原子炉格納容器内の圧力降下措置および海水の注水により水位と圧力は回復
23:30 原子炉に海水注入

3月15日
6:00 圧力抑制室付近で異音、同室の圧力が低下
6:00 海水の注入を継続、直接関わりのない作業者を安全な場所に移動


3号機
3月11日
14:46 タービンおよび原子炉が自動停止
15:41 非常用ディーゼル発電機が故障停止

3月12日
11:00 原子炉格納容器内の圧力降下操作準備
21:00 高圧注水系で注水

3月13日
5:30 高圧注水系が自動停止、原子炉へ注水不能
9:00 原子炉格納容器内の圧力降下措置、格納容器内スプレイ中止
12:00 逃し安全弁を手動で開き、原子炉の圧力を下げ、ホウ酸水を原子炉に注入
14:00 原子炉水位低下、原子炉圧力上昇に伴い、海水を注入

3月14日
3:00 海水ピットの水不足により、ポンプを止め、海水ピットに水を補給
5:00 原子炉への注入を再開
11:01 大きな音と白煙が発生、水素爆発の可能性
23:30 原子炉への海水注入を中断

3月15日
2:30より海水の注入を再開


4号機
定期検査で停止中
3月15日
6:00 大きな音が発生、原子炉建屋5階屋根付近に心象
9:38 原子炉建屋4階北西部に出火を確認、鎮火活動
11:00 自然鎮火



周辺
3月11日
モニタリングカーによる測定で発電所構内(屋外)の放射性物質(ヨウ素)の測定値が上昇、モニタリングポスト(MP4)の測定値上昇(13日に公表)

3月12日 
20:00 モニタリングカーによる測定で発電所構内(屋外)の放射性物質(ヨウ素)の測定値が上昇、モニタリングポストの測定値上昇
21:00 半径20キロの住民に避難指示

3月14日
11:44 モニタリングポスト(MP6)の測定値は大きな変動なし(20μSv/h)
12:30 モニタリングポスト(MP6)の測定値は大きな変動なし(4μSv/h)
12:30 第二原子力発電所のモニタリングポストの測定値は大きな変動なし
13:55 モニタリングポスト(MP6)の測定値は大きな変動なし(15μSv/h)
15:00 第二原子力発電所のモニタリングポストの測定値は大きな変動なし

3月15日
10:00 3号機原子炉建屋内陸側で400mSv、4号機原子炉建屋内陸側で100mSvを確認
15:30 半径30キロの住民に屋内待機指示


東電
3月11日 4名負傷、1名被爆(100mSv)、不調2名、2名所在不明
3月12日
15:36 4名負傷
16:17 敷地境界の放射線量について特定事象発生と判断

3月13日
8:56 敷地境界の放射線量について特定事象発生と判断
14:00 1号機使用済み燃料プールの冷却方法について調整
14:15 敷地境界の放射線量について特定事象発生と判断

3月14日
11:01 11名負傷(3月14日23:30に変更)
12:00 6名負傷
13:30 負傷者7名に変更
23:30 負傷者11名に変更

参考資料1
福島第一原子力発電所モニタリングポスト測定値(情報統制中?)

参考資料2
福島第二原子力発電所モニタリングポスト測定値

東電プレスリリース

この記事へのトラックバックURL