2011年03月31日

目的と、手段と

花見「宴会は控えて」 上野公園や井の頭公園に看板

なんというか、頭の悪い知事だなぁ、と思う。この人が再選濃厚って本当なんですか?都民は半分くらいがアホなんですか?石原裕次郎の兄だからですか?という感じなんですけど、都民じゃないから仕方ない。

花見、宴会を控えて、どうするんだろう。どうやって痛みを分かち合うの?どうしてそれをあんたに強制されなくちゃいけないの?立て看板立てるお金があったら被災地に送ったら?「俺は花見を自粛して家で被災者と痛みを分かち合う」と表明するだけじゃだめなの?

思い出すのは2004年の秋の園遊会での、天皇陛下と将棋の米長邦雄永世棋聖とのやりとり。

米長氏:「日本中の学校にですね、国旗を挙げて、国歌を斉唱させるというのが、私の仕事でございます」
天皇陛下:「ああ、そうですか」
米長氏:「今、がんばっております」
天皇陛下:「やはり、あの、あれですね、その、強制になるというようなことでないほうがね、望ましいと・・・」
米長氏:「ああ、もう、もちろんそうで・・・本当に、素晴らしいお言葉を頂きまして、ありがとうございました」


目的は手段を正当化しない。「被災者と痛みを分かち合う」という目的のために、「公園での花見を強制的に自粛させる」ことが正しいのか。強制することの野蛮さを自覚していない指導者というのが、僕は嫌いである。

もうひとつ、参考記事。

野田地図のサイトに掲載された、「劇場の灯を消してはいけない」という記事。

「劇場の灯を消してはいけない

以下、一部引用。
今現在、東京は、罹災地と罹災した人々をこれから粘り強く支援をしなければならない立場のはずです。

こういう時に、「ココロ」を忘れてしまう。が同時に、人間には、その忘れた「ココロ」を取り戻そうとする「ココロ」もあります。

この自分の首をしめる自主規制のような事態は、のちのちの社会や文化に窮屈で不自由な爪痕を残します。

劇場の灯が消える時は、「ココロ」の灯が消える時です。ただ生きるために「ココロ」を忘れて、今最も苦しんでいる被災者のことも忘れて、モノを買い漁る日が来る時です。私は、そう信じて演劇をやっている人間です。


(是非、出典元の文章を全文お読みください)

この文章を読んだのは昨日だけれど、僕が「総統閣下シリーズ」で訴えてきたこととも通じる部分が少なくない。20年間野田さんの芝居を観てきて、彼の影響を強く受けているんだろうなぁと感じる。僕の主張はほとんどが僕のオリジナルなのではない。むしろ、ほとんど全ての部分が誰かからの影響を受けていて、僕はそのさじ加減を(無意識のうちに)決めているだけだ。もちろん野田さんからも少なからず影響を受けて今の僕が存在しているのである。今日は「南へ」の楽日。野田さんの覚悟がこもった姿をこの目で見ることができることを幸せに思う。

目的は手段を正当化しない。さっき僕が自分で書いたとおり。だから、今回の震災にあたって一連の「総統閣下シリーズ」を作成したことに関しては常に後ろめたさを感じている。『「ココロ」を取り戻そうとする「ココロ」』をきちんと具現化するには、今の僕には残念ながらこの手段しかなかった。いつか、きちんとした手段で、目的を果たせるようになりたいと思うし、この無力感を忘れてはいけないと思う。こう思う僕のココロは、決して誰かに強制されたものではない。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
「想定外」という言葉のなかに
「私たちはルールを守ってます。だから正しい。」というニオイ。

ルール守って命を守らないってなんなのでしょうね。
政府発表も賠償や責任逃れの言葉の羅列。

「乳児が4トン飲んでも大丈夫な放射線量の水、、、」
偉いお医者さん、人のココロはありますか?
赤ちゃんは機械じゃないんですよ。
そんな人間性を感じさせない言葉が買占めを煽ってる。


さて、
お酒が不謹慎と叫ぶ知事さんは
友人や経済会の方々に働きかけてくれるんでしょうね。

「同胞が困っている。ワインセラーの電源を切れ。
 痛みを分かちあおう!」

 デンコと不謹慎太郎からのお願い。。。

Posted by あつし at 2011年03月31日 12:22
あの、井の頭公園は、お花見用の仮設トイレを被災地にあげちゃったから、宴会は無理かなってことらしいです。
それは賛成です。造幣局の通り抜けみたいな感じで花を愛でりゃいいと思います。
でも石原氏の「花見なんかそんなもんやめりゃいいんだ」っていうような物言いは大嫌いです。
そのうち自粛不況になります。
どこにいても、どんな時でも、春とを寿ぎたいです。
そして元気になってまた歩き出すんです。
うまく言えないけど。
Posted by maiko at 2011年04月01日 00:34
> あの、井の頭公園は、お花見用の仮設トイレを被災地にあげちゃったから、宴会は無理かなってことらしいです。

猪瀬さんがそんなことを言っていましたが、本当かどうかもわかりませんし、それなら「仮設トイレがないからやめてね」って言えば良いだけの話ですよね。

「花見じゃないんだよ。今ごろね。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感ができてくる」って言っていることがおかしい。僕は埼玉と神奈川にしか税金を納めていないので、都知事に何かいう機会はないのですけれど。
Posted by buu* at 2011年04月01日 02:34