2011年04月14日

若者はなぜ選挙に投票に行かないのか

うへぇ。こんなニュースが。

<都議会民主党>自販機抑制条例案を提出へ 業界から反発も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000157-mai-soci

でも、選挙で勝ったんだからね。文句言えないよね。それに僕は都民じゃないから、「東京都ってろくでもねぇ」としか言えない。

それで、先日は「なぁんだ、20年経っても石原都知事は磐石じゃん」という話を書いたわけですが、折角だから皆さんにはもうひとつ、突っ込んだデータをお見せしましょう。すなわち、「じゃぁ、20代、30代がもっとみんな政治に興味を持って、投票率が上がったらどうなるの?」というデータです。計算に当たっては、もうケチなこと言うな、全員投票だ!ってことで、20代、30代の方々には全員投票していただきました(笑)。じゃーーーん。

mxtohyo4


なぁんだ、若者が片っぱしから投票したって、やっぱり10万票差で石原さんなんじゃん(笑)。こりゃ、若者は選挙に行かないよね。投票してみるまでもなく、「もう、石原だよ」って雰囲気なんでしょ。ここまで数字で明らかなら、そういう雰囲気になるはず。何やってもかわんねぇよ、って。これじゃぁ、投票に行きたくならないのも仕方がない気がしてきます。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
お若い方が選挙に行かなくても、東国原さんが土壇場で出馬しちゃってさえいなければ、結果が変わってたのでは?と思うのは私だけ?この一件から密かに東国原さんは私のウサンクサイ!リスト入りしちゃいましたよ。100歩譲って胡散臭くないとしても、「おい!アンタのせいだ!」といつかお会いする事があったら申し上げてみたいです。
Posted by ぽんちゃん at 2011年04月15日 03:20
> と思うのは私だけ?

アンチ石原派がどうやってケチをつけようとも負けは負け。民主主義の土俵上で戦って負けたんですから、東国原がうんぬんを語るのは単なる負け惜しみでみっともないだけ、と、僕は思いますけどね。都民じゃないのでどうでも良いですが。
Posted by buu2 at 2011年04月15日 09:41