2011年04月18日

政治主導にお願いしたい簡単なこと

えー、政府与党の皆様(ツイッターのアカウントがわかる@renho_shaさん、@kharaguchiさん、@fujisueさんに@を飛ばしておきます)にひとつお願いがあります。

「政治主導で原子炉を冷却してくれ」とか、「政治主導で東電を増税および国債発行なしで何とかしてくれ」とか、そんな難しいことは申しません。

ぜひ、ひとつ、各省庁から出されるデータを、PDFだけでなく、テキストデータ(たとえば表データならエクセルやCSV形式)でも提供するようにしていただけないでしょうか。

昨日、「放射能ふりかけの状況4/17版」というエントリを載せましたが、この表の元データは厚生労働省発表のものです。そして、そのデータは例によってPDFです。厚生労働省の皆さんはきっとお忙しいことと思いますので、わかりやすく、みやすいデータに加工するのはこちらでやります。ただ、その元データがPDFというのが非常に困るのです。これが表計算ソフトですぐに読み込むことができれば、色々なことが自動化でき、加工が楽になるのです。

中央で役人をやったことのある僕ですら、行政文書がPDFでばかり提供されるのは意味不明です。もちろん、最初から加工する必要のないすばらしいデータとして提供されているのであれば別ですが、今回僕が参考にしたものなど、ひどいものです。

ということで、非常に簡単なことをぜひひとつ政治主導でお願いしたいのですが、役所から提供される文書は、「PDF『と』テキスト形式(CSVとか、要はワードやエクセルで開けるもの)」にしていただけないでしょうか。もともとワードやエクセルで作っているのですから、そんなに難しいことではないと思うのです。というか、非常に簡単なことだと思うのです。

ぜひひとつ、政治主導で実現していただければと思います。それも、なるべく早く。データの加工、結構疲れるので。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
行政機関が開示するデ―タについて、内容が異なって申し訳ありませんが、気象庁がネットで公開する放射性物質拡散シミュレーション画像もわかりにくいですね。
表中の数字の単位の解説が、「単位はベクレル秒毎立方メートルです」とあるので、気象庁にシ―ベルトに換算したらどうなるか問い合わせた所、窓口の方は「今ネットで調べてますが分からないです」とのこと、あのデ―タは文部科学省から気象庁に提供されたデ―タという事で、気象庁はデ―タを分かりやすく改変する権限はないとの事でした。
文部科学省で電話応対下さった方は、「シ―ベルトの換算は非常に複雑になります。1平方メートルあたりの空気を人間が毎秒どの位吸うかも人それぞれなので…」との事でした。
あくまでも予測でしかないので、軽視されてるのかもしれませんが、私の様な数学が苦手なド素人にも分かるデ―タを切に望みます……
長文、失礼致しました。
Posted by もも at 2011年04月18日 22:04
> 気象庁はデ―タを分かりやすく改変する権限はないとの事でした。

改変する権限はあるとかないとかじゃないですよね。「文科省のデータをもとにして気象庁で計算しました」とすれば良いだけのことです。ここも政治主導で何とかして欲しいところです。

> 文部科学省で電話応対下さった方は、「シ―ベルトの換算は非常に複雑になります。1平方メートルあたりの空気を人間が毎秒どの位吸うかも人それぞれなので…」との事でした。

つまりですね、彼らは責任を取らされるのが嫌なんです。あとになって「これは間違っているじゃないか」って言われて、自分のキャリアにバツがつくのが嫌なんです。
Posted by buu* at 2011年04月19日 01:20