2011年06月05日

もしドラ、代理店の活躍が足りない

98cf3a07.gif観る前からみんなに「どうせ駄作」「ゴミ」などと言われてしまっている可哀想な「もしドラ」映画版ですが、僕もまったく観る気になりません。でも、フジテレビ関連の映画でも、ときどき「それでもボクはやってない」みたいな良いものがあったりもするので(というか、フジテレビ製作の映画ではこれが唯一かも知れないけれど(汗))あなどれない。

そんなもしドラ、Yahoo!映画ではさぞさくらレビューが満開なんだろうな、と思ったら・・・。

あれ?映画の点数、3.27だって。これはスタートダッシュとしては大失敗な感じ。レビューも結構酷評が並んでいる。でも、5点もそこそこ・・・・あるかな?107票中で5☆は36票。そのうち、これまでに10以上レビューを書いていない、いわゆるサクラと思われるレビュアーは31人。これは少ない!だって、サクラレビューは大体一本1000円ぐらいで書いてもらえるはずだもの。31本って言ったら、費用はたったの3万円。これじゃぁ、映画の広報担当者のお小遣いレベルである。これじゃぁ、この映画、おおゴケ確定じゃないのかなぁ。

頑張れ、広告代理店!もっともっとサクラレビューを書いてもらわないと、「サクラレビューを書くことすら憚られるような駄作」だと思われちゃいますよ。

でも、この状況を見たらちょっとだけ観てみたい気がしてきた。どうしようかなぁ。でも、これを観るくらいなら、ブラックスワンをもう一度観たいかなぁ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51265504