2011年06月09日

デタラメ斑目様曰く、「まさに人災」

新聞によりますと(死語)、

福島第1原発:津波に備え不足 班目委員長「まさに人災」

デタラメ斑目様がこんなことを仰っているご様子です。

「原子力施設は分厚く守られなければならず、津波が想定を超えても第二、第三の手段が講じられていなければならないのに、それが講じられていなかったことは、まさに人災だ」


はて、デタラメ斑目様はどこの誰でしたっけ、と調べてみたところ、原子力安全委員会の委員長でした。はてさて、では、原子力安全委員会とはなんぞや、と思い、調べてみました。

原子力安全委員会のサイトには「原子力安全委員会について」というページがありました。

#どうでも良いことではありますが、このサイト、「やっつけで作りました」という感じを強く受けます。公的なサイトとしては非常に好感が持てます。無駄なところには税金をかけるべきではありません。サイトなど、情報が取り出せれば十分なのです。

原子力安全委員会について

これですね。

以下、<原子力安全委員会の使命>という部分から抜粋してコメントしてみます。

国は、原子力利用の大前提である安全を確保するため、原子炉や核燃料物質等の利用については、法律に基づく規制を行います。原子力安全委員会の使命は、原子力利用時の安全確保を確実なものとすることにあります。


できませんでした、ということですね。つまり、役割をはたすことができなかったウンコ組織である、と、委員長自らがお認めになられた、と。それにしても、「確実なものとする」とは大上段に出たものです。ダルビッシュ投手がベイスターズやタイガースを相手にする時でも、「勝利を確実なものとする」などとはおっしゃらないような気がいたします。

原子力安全の目標は、このようなリスクを社会が容認できる水準に抑えることにあります。


残念ながら、容認できない水準にしてしまいました。やはり、原子力安全委員会はウンコ組織であったということですね。何の役にも立たなかった、と、そういう理解で間違いないかと存じます。

この目標を達成し、さらに高い安全の水準を目指すため


今となっては、さらに高い安全の水準を目指すのではなく、ぜひ、社会が容認できるリスクに抑えて欲しかったところです。

原子力利用に関わる事業者と規制に関わる行政機関が、共に安全確保のためにより効果的な方策を生み出して実行に移す努力を続けることが必要であり、さらにこのような努力について国民に知っていただく必要があります。


前段はその通りと存じますが、残念ながら国民に知られたのは、原子力村を構成し、補助金をむさぼり、津波で一網打尽にされてしまうような状態であったということでした。今回の事故は原子力安全委員会の委員長自らが「まさに人災だ」(デタラメ斑目様)と申しており、原子力安全委員会の責任に言及していらっしゃるところは高く評価すべきでしょう。

原子力安全委員会は、専門家の立場から、科学的合理性に基づいて、安全確保のための基本的考え方を示し、改善・是正すべき点については提言や勧告を行うことによって、行政機関や事業者を指導します。また、情報公開や国民との対話を進め、原子力安全への信頼を高める努力を続けます。


えっと、「原子力安全委員会は、御用学者の立場から、経済産業省と電力会社の利益確保に基づいて、省益と電力会社の増収増益のための基本的考え方を示し、排除・隠蔽すべき点については圧力をかけることによって生活者の目に触れぬようにし、生活者を騙します。また、情報操作や国民の洗脳を進め、原子力安全神話の周知に努めます。」ぐらいが正確なところだったと判明したという理解でよろしいかと存じます。

つきましては、過去に遡り、原子力安全委員会において委員となられた方々の報酬・手当て等(一部には年俸1650万円などとも噂されておりますが)は全額返還し、被災者への義援金とされるのはいかがでしょうか。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
阪神→西武の吉竹春樹に謝れ
Posted by 西武連敗中 at 2011年07月06日 10:13
> 阪神→西武の吉竹春樹に謝れ

そういえば、高校時代、数学が神様のように出来た内部くん(女性)が吉竹の大ファンでした。
Posted by buu* at 2011年07月06日 18:03