2011年07月01日

想定内の事象で騒ぐ人たち

福島の子ども男女10人から放射性物質検出
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110701-798174.html

わけわかんないニュースだなぁ。放射能ふりかけのど真ん中で生活しているんだから、放射性物質を体内に取り込んでいるのは当たり前のこと。今福島で生活しているってことは、「でも、そのくらいの放射性物質はなんでもないよね」という人ばかりのはず。

「原発が爆発した日、官房長官は『直ちに影響はありません』と言い張りました。国の言葉を信じた私がバカでした」


っていうのはその通りだよな。おしっこから放射性物質が出たら嫌だっていうのなら、さっさと逃げるべきだった。別に枝野さんを擁護するわけじゃないけれど、この程度のことは全く想定の範囲内の話で、枝野さんはそれを百も承知で「健康に影響はない」って言っていたはず。評価が分かれるのは、これだけの量を体内に取り込んだ時に健康に被害が出るのか、出ないのか、であって、政府は出ないと言っていて、僕たちは「わかんないけど、安全サイドに考えるなら福島にはいない方が良い」って言っていた。健康に被害が出るかどうかはまだわかんないわけで、現時点では判定のしようがない。つまり、3月と今とでは状況は全く変わっていないわけで、その中で「信じた私がバカでした」と言ってしまうのは、信じたことがバカなんじゃなくて、世の中に情報が山ほど溢れている中できちんと情報収集と評価を行わなかったことがバカなんだよ。6月末っていうのがタイミング的には遅すぎるけれど、ようやくであっても気がついたのは良かった。子供は親を選べないわけで、親がバカなおかげで被曝させられた子供はたまったもんじゃない。

この件に関しては、この程度の影響でガタガタ騒いでいる方がおかしい。全く想定内の事象だよ。本当に、この程度のこともわかっていないのかな?福島の人たちは。

関東の人たちも平気で放射能ふりかけのかかった茨城産の野菜とか買っているけれど、今、福島や茨城の農水畜産物を買って食べている人たちは、この程度のことでガタガタ騒いじゃだめだよ。だって、全く想定の範囲内のことだもの。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51272270