2011年07月17日

放射能ハンバーグは茨城産の野菜と一緒

僕自身は、「みんな、どうしてそうやって放射能牛肉を食べたいんだろうねぇ」と不思議で仕方がないんだけど、基準値以下なら気にならない人の方が日本には多いらしい。

「放射能なんて、基準値以下ならへっちゃら」っていう人たちは、どんどん食べちゃえば良いと思う。仮に基準値以上だとしても、合いびきにしてハンバーグにでもすれば良いんじゃない?捨てちゃうの、もったいないでしょ。合いびきなら、牛3:豚7ぐらいが一般的だよね?これだけで放射活性は1/3になるじゃん。お茶だって同じ。静岡産のお茶が汚染が酷いなら、宮崎のお茶と混ぜたらどう?はっきり言って、「基準値以下なら大丈夫」って思っている人たちは、希釈して飲み食いすれば良いだけのこと。なのに、何故か「牛がっ」「お茶がっ」って、馬鹿じゃないの?と思う。セシウム牛だって、公務員の皆さんが一所懸命追跡調査しているみたいだけど、ほとんど意味ないよね。だって、せいぜい規制値の倍でしょ?「国産牛はこれから一週間ぐらい、ハンバーグにして食べてください。焼肉の場合は半分ぐらいはオージーや米国産を混ぜましょう」って告知すれば良いんじゃない?

さっきも農水省の原田さん(@hideoharada)がこんなブログを紹介していたけれど、

牛肉の全頭検査は出来るのか?(BSEと放射性セシウムの検査方法の違い)

こんなのもナンセンスだよね。「東京都の検査のデータを参考にして2倍まで振れる可能性があるとします」って、N=1で決めちゃうのかよ(笑)、とも思っちゃうけど、それはそれとして、「よし、この方針でやろう」って、アイデアを出すのは勝手だけど、出す方も、採用する方も、一切責任を取らないというのが最大のポイントなんだよね。公務員と評論家のコンボは無責任体制の象徴。今だってさ、これだけ放射能牛が取りざたされているのに、責任論は全然出てこないでしょ?ユッケの時はあれだけお店を叩いたマスコミも、放射能牛については全然責任追求しない。アホかと。この件に関しては脳衰省と民主党が悪いに決まってんじゃん。責任者(特に脳衰省)、まず責任取れよ、という話。大体、今の行政の基本姿勢は、出荷したい、少しでも放射能牛を世の中に出回らせて、畜産家の被害を最小限にしたい、そのためには、広く浅く、国民の皆さんに放射性物質を食べてもらいましょう、ということだよね。

#海外は食べてくれないからさ(笑)。

だから、もう僕は産地がわからない国産牛は食べない。産地がわかっても、それが東北の牛なら食べない。なんでか?だって、僕は放射能牛を無自覚のうちに食べさせられるの、嫌だもん。だけど、なぜか脳衰省の皆さんはそういう人間に全く便宜を計らない。不思議だよなー。お前ら、どうせ責任取らないんだろ?という話でさ。言っておくけれど、今、基準値がどうのこうのと言っている連中は、全員責任を取らないよ。たとえ、20年後にがん患者が激増したとしても。そんな奴らのことを信用するほうがどうかしている。

でも、一方でこんな文書もある。

ベクレルからシーベルトへの計算(牛肉汚染に備える)

これはこれで、故意に大衆をミスリードしているんだよなぁ。ポイントはココ。

係数の2.2、1.3、2.8の3つの平均的な値として、2.0を使い


一見フェアなことをやっているようで、実は全然そうじゃない。なぜなら、今世の中にはヨウ素131なんてほとんど残っていないから。ヨウ素131の半減期は8日。そして、ヨウ素131が大量に放出された最後の日は3月21日。今、7月17日でしょ。約120日経過しているわけだ。半減期は15回も過ぎている。1/2の15乗って、いくつだよ、ということであって、計算すれば0.0000305倍ぐらい。まぁ0じゃないけれど、10万分の3だよ。放出された直後はセシウムとヨウ素のオーダーは同じくらいだったので、今はもうセシウムに比較したらヨウ素は無視しても良い量しかない。ストロンチウム90はセシウムと同じくらいの半減期なんだけれど、こちらは量が全然わからない。ただ、文科省はセシウムの1/1000程度存在すると言っている。これをどこまで信用するかという問題は確かにあるけれど、仮に文科省の言っている数字の10倍ストロンチウムが存在したとしても、ヨウ素:セシウム:ストロンチウムの存在比は

0.00003:1:0.01

である。これなら、武田さん流に近似するなら「ほとんどセシウムなんだから、セシウムの実効線量係数の1.3を使いましょう」となるのが普通でしょ。それを2.0にしちゃったら、実際よりも約1.5倍も危険にみえちゃうことになる。これはこれでどうなの?と思うわけ。

無責任に「安全でーーーす」って連呼する人たちも、巧みに数字を操って「危険でーーーす」って吹聴する人たちも、どっちもどっちなんだよな。正解はそういう両極端な場所には存在しないことが多い。


もうね、こんな感じにできないかな。

1.放射能が気にならない人向け
基準値以下は全て「適合」として表示。基準値以上だったものは、液体なら混ぜる(牛乳なら、汚染してない牛乳と混ぜれば良いだけ)、固体なら加工する(肉ならハンバーグ、シウマイ、餃子などなど)。結果的に最終形態でキログラム当たりの放射活性が基準値以下ならオッケー。たとえ、元が何百万ベクレルだって、そんなのカンケーねー。これは科学的に正しいでしょ。要は、「基準値以下になるように調整しましょう」ということ。ということで、「放射性活性基準値以下マーク」設定。

2.放射能がいやな人向け
福島第一からの放射性物質をかぶってないと思われるものだけについて、「福島第一フリー」と表示。新潟、長野の一部、愛知あたりを分水嶺とし、それよりも西のもの、および秋田、青森、北海道のものとする。水産物については、地魚であれば上記の分水嶺よりも西のもの、回遊魚は実際に活性を調べ、セシウムが検出されなかったもの。要は、原発が吹っ飛ぶ前と同じレベルですよ、というものにだけ、「放射性活性ベースラインマーク」設定。

なんで、政府は僕たちにこうやって選べるようにしてくれないんだろうね?基準値以下ならオッケーだからどんどん出荷、でも基準値を超えたら廃棄、セシウム牛は大変だから全頭検査!とか、わけわかんない。きちんとしたポリシーがないからこんな風に混乱するんじゃないの?おかげで今僕は茨城産、千葉産、埼玉産のネギしか手に入らず、そんな放射能ふりかけネギなんか食べたくないから、仕方なしの麻婆豆腐を食べている。超迷惑だよ。

ということで、茨城産の野菜とかこれまで気にせずに食べてきた人は肉も気にせず食べたら良いと思うよ。薄めたらカンケーないからさ。放射能野菜を食べている人は、セシウムハンバーグだって全然大丈夫、同じものを食べているんだ、っていうことをぜひ自覚して欲しい。

関連エントリー:科学と気分とものの価格と

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
多分に市場で激安だからバイヤーが仕入れた和牛は、結局特売やら応援キャンペーンやらでめでたく消費されちゃったみたいですね。しかも流通は想像以上に広範囲。この際ですから北関東や東北南部の「牛さん」には、除染活動という名の放牧に従事してもらって天寿まで働いてもらいましょう。(屠殺免除で)「除染福島324号」などとユニフォームを着せてもらって那須の御用邸とかも。んで、ハンバーガー屋もファミレスも焼肉屋も戦々恐々の夏。クーポン攻撃やらHPには掲載しない個別FAXなどで集客に大わらわ(某焼肉屋では飲み放題\500とか)なんだとか。びんぼー奈私は結局すき家レベルですが。
Posted by ハラ at 2011年07月17日 20:47
> 結局特売やら応援キャンペーンやらでめでたく消費されちゃったみたいですね。

応援で放射能牛を食べるのも良いと思いますよ。僕はやらないけど。

もともと牛肉ってあんまり食べないので、牛が食べることができなくなってもあんまり困りません。家で食べるときはオージーにしておけば安心だし(^^
Posted by buu* at 2011年07月17日 21:26