2011年07月22日

時々ビックリするほど酷い記事がでるのだけれど、それでも日本人は新聞報道を盲信するの?

産経新聞のバカ記事。「主張」って誰の主張だよ。記者の名前ぐらい書けよな。

お盆までの仮設入居「難しい」=菅首相、見通しの甘さ認める
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/518074/

専門家によると放射性セシウムは、半減期が約30年で、筋肉に集まりやすい性質があるものの、代謝により約2カ月で大半が体外に排出される。


専門家って誰だよ。専門家の名前と、根拠となる論文をまず示せよな。

なにより過度に神経質にならないことが肝要だ。過剰に騒ぎ、不安をあおることは避けたい。


アホか。神経質になったときに困るのは誰だ、ということ。どうして政府や政府の片棒を担ぐヤツラは広く浅く、大量の日本人に放射性物質を食べさせたいんだろうね。官邸やら、議事堂の食堂やら、官庁の食堂やらで食べれば良いじゃん。毎日焼肉で良いじゃん。もちろん産経新聞の社員も。

福島県では緊急時避難準備区域で飼育された牛は体表面を調べる検査を全頭で実施し、出荷している。さらに食肉処理の際にも、処理場のある都道府県が抽出検査を行っている。


その結果、大量にセシウム牛がばらまかれたわけですね。

食品の暫定基準値は年間を通して摂取しても健康に影響のないレベルで設定されている。今回、検出された別の牛のセシウムも最大で基準値の7倍程度だ。


「7倍程度」というのが笑える。市橋容疑者は一人殺して無期懲役ですが、7人殺したら死刑は間違いないですよ。

目に見えない放射能への対応は、科学的根拠に基づいた冷静な対応と対策が欠かせない。


科学的な知見が十分じゃないからこそ、慎重な姿勢が必要なんじゃん。

 チェルノブイリ原発事故の健康被害を現地調査した日本の研究者によると、摂取した放射性物質による人体への障害が確認されているのは放射性ヨウ素だけだ。


逆に言えば、人体への安全性が確認された放射性物質はひとつもないだろ?障害が確認されているのがヨウ素だけだっていうなら、お前はコバルト60をもりもり食べてみろよ。プルトニウムをがぶがぶ飲めよ。

ただ今回の問題では、農家ばかりを責めるのは酷だろう。震災後の飼料不足など深刻な事情がある。原発事故の補償の遅れも一因だ。農家を支え、風評被害を起こさぬ対策こそ求められる。


農家なんかほとんど誰も責めてないだろ。行政が馬鹿なんだから。それに、セシウム牛がばらまかれているのは風評被害なんかじゃなくて実害だろ。

本当に、産経新聞ってクソ新聞だよな。誰がこんな新聞取るの?馬鹿なの?

この記事へのトラックバックURL