2011年08月27日

原爆168発分のセシウム137

原発事故の放出セシウム、原爆の168倍 保安院公表
http://www.asahi.com/national/update/0827/TKY201108260665.html

たくさんばらまいたことはわかった。

保安院は「原爆は熱線、爆風、中性子線による影響があり、原発事故とは性質が大きく違う。影響を放出量で単純に比較するのは合理的でない」としている。


要は、「熱線や爆風や中性子線によって人が死んだわけじゃないので、原爆の168発分の放射能をばらまいても別に構わないだろ?」という意味かなぁ?

広島や長崎は環境浄化にそれほど時間がかからなかったけれど、福島は時間がかかります、というのはわかりました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51286107