2011年10月03日

サンクタム

sanctum


ニューギニアの原生林の中にある洞窟を探検するのだが、その途中で嵐がやってきて、洞窟が大洪水に・・・というパニック映画。特段凄いストーリーがあるわけでもなく、水の中で迷子になったり、電気が切れたり、と、色々なトラブルを抱えて、さぁ、どうするんでしょう、というのを楽しむ作品。

まぁ、悪くないんだけど、一番気に入らないのはあんまり3Dである必然性が感じられないってこと。にも関わらず、2D版は公開されていないのである。これはちょっとなぁ。ただ、映画の日に1,400円で観たから、まぁ許せるかな。これが2,200円とかだったら、多分許せないと思う。それで、3DしかないならせめてIMAXで、と思ったら、IMAXではやってないのね。何でそういう中途半端なことを・・・。吹き替えで観たけれど、うーーーん。このいかにも吹き替えっていう喋り方はやっぱり好きになれない。不思議だけど、画面を見ていなくても、「あ、吹き替えだ」ってわかるよね。

公式サイトには「その迫力と臨場感は、唯一無二」って書かれているけれど、別にそんなことないと思う。「『アバター』以上の興奮と感動を呼び起こすだろう」ってことは全然ない。大体、感動する映画じゃない。

全編水浸しなので、凄く水が必要だっただろうなぁとは思うんだけれど、それだけ。評価は☆1つ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51294711