2011年10月30日

ステキな金縛り

kanasibari


良いテンポで進んでいく喜劇で、この手の映画にありがちな説教臭さもあまり感じられず、楽しめる。三谷人脈で集めた役者たちはチョイ役でも存在感があって、これも楽しい。

しかし、この映画、大事なところが欠けている。おかげで、観終わった瞬間に「面白かったけれど、あれ?これって、満点な感じがしないのはなぜ?」と感じてしまった。足りないのは、本来縦軸になっているはずの殺人事件の顛末。このエピソードがあまりにもお粗末なのだ。犯人はなぜそんな面倒なことをやったのか、そのあたりが異常なまでに描写不足。多分、「面白ければ良いでしょ」という感じなんだと思うのだが、片手落ちと言わざるを得ない。

草なぎパートはジャニーズ事務所の圧力なのかなぁ、とか、市村パートが必要以上にしつこいのは篠原涼子の付録なのかなぁとか、このあたりはテレビ業界の付き合いとか、色々と難しい問題があるんだろう。深キョンの胸の谷間ぐらいの方が楽しめたと思うのだけれど。

かなり笑えたので評価は高いけれど、満点はつけられない、そんな感じ。

評価は☆2つ半。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51300561