2011年11月05日

1億4,000万円かけて渋滞を悪化させた警察庁(笑)

新信号機システムで渋滞悪化
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111105/t10013753371000.html

この信号機のシステムは、「ムーブメント信号制御」と呼ばれるもので、センサーで読み取ったその時々の交通量に応じて自動的に信号を調整し、渋滞の緩和に役立つと期待されています。警察庁では、ことし3月、全国に先駆けたモデル事業として、国道1号線など交通量が多く渋滞しやすい滋賀県内の4つの交差点に、1億4000万円をかけて導入しました。しかし、滋賀県警察本部が、この半年間、新しい信号システムの効果を確かめた結果、交差点を通る10本の道路のうち9本で、これまでより渋滞が悪化していたことが分かりました。最も悪化した道路では、渋滞の時間がおよそ4倍に延びたということです。


なんか笑っちゃう話だけど、こんだけお金かけるくらいなら、実交通量データを反映させたオンラインゲームを作って、信号をどうやって操作したら一番最適かをゲーマーに解かせてみたら良いんじゃないのかね?時々緊急車両が通ったり、事故が起きたり、アクシデントが起きる仕様にして。

一番良いのを見つけた人に1000万円、とか。毎年やるの。信号プログラムコンテスト。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51302028