2011年12月30日

木村和司監督、解任ですか・・・

嘉悦社長はこれで辞任かな、と思っていたら、先に和司監督の首が切られたようで。

木村監督、電撃解任 後任候補に長谷川健太氏の名も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111230-00000059-spnannex-socc

嘉悦社長は和司監督の後ろ盾だったんだから、まず監督の首を切って、あとは自分が辞任する、という段取りですか。まぁ、適切でしょう。

手順は適切だけど、和司監督の解任はどうなのかなぁ。正直疑問が残る。今年の成績はここ数年ではベストなわけで、日本代表クラスが1人しかいない状態を考えれば(しかも、代表のチーム事情を考えれば栗原はもう呼ばれない可能性もある)、御の字だと思うんだよなぁ。あと、嘉悦社長のこのコメントはどうなのかなぁ?

サポーターの声は真しに受け止めないといけない

木村監督 複数年契約も…横浜社長「サポーターの声は真しに受け止めないと」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/12/30/kiji/K20111230002339330.html

どれだけたくさんのサポーターの声を聞いたんですかね?少なくとも僕は和司監督は現有資産をやりくりしてなんとか頑張っていたと思うんだけど。

俊輔を連れてきた時点で、嘉悦社長の頭には俊輔を中心にしたポゼッションサッカーが描かれていたんだと思うんだけど、それは2年前の時点でも無理だったでしょ。今はもっと無理だと思う。それに、チームの構成がポゼッションサッカー向きじゃない。仮にバルサのようなサッカーをしたいなら、センターバックはフィジカルには多少目をつぶっても、もっとボールが持てる人間にしなくちゃダメだし、ミッドフィールダーには体のキレで勝負できる人間が必要なはず。中澤も、俊輔も、誰か他の人に代えないと。でも、それって、無理だよね?中途半端なポゼッションサッカーを目指すと、今年のレッズみたいになっちゃう。今のメンバーを考えたら、どうしたってカウンターサッカーにならざるを得ない。昨日の試合が典型的じゃん。少ないタッチで俊輔から渡辺にキラーパス一本。この先取点の形がマリノスのサッカー。

ポゼッションサッカーは、バルサとか、本当に限られたチームにしかできないんだよ。

日本代表とか、Jリーグ上位常連のガンバとか、身近にポゼッションサッカーを標榜しているチームがいるから「やりたい」って思うのかも知れないけれど、代表とガンバにはヤットという、他では得られないコマがあるってことを忘れちゃいけないと思う。

さて、僕は和司監督の首はとっても残念に思っている人間だけど、首なら首で仕方がない。次をどうするのか。懲りずに俊輔中心のポゼッションサッカーを目指すとしたら、西野を連れてくるしかないだろうな。西野でダメなら誰がやってもダメ、そもそも俊輔じゃぁダメなんだって、諦めもつくでしょ。その前に諦めてカウンターサッカーに専念するなら候補は色々と考えられるけれど、和司を切って健太とかは辞めて欲しい。

12:00追記

って言っていたら公式にリリースが出た。

木村和司監督 契約解除のお知らせ
http://www.f-marinos.com/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=5525

来シーズンの監督についてのお知らせ
http://www.f-marinos.com/tools/page_store/news_5526.html

樋口さんですか。まずはお手並み拝見。

この記事へのトラックバックURL