2012年01月09日

総統閣下はお怒りです「食べログ暗殺計画」

アゴラ用に書いたんですが、

元木様

メンバーからあなたのアカウントを削除し、投稿も削除しました。
アゴラのメンバーは、内容を自主管理できる人に限っています。管理者の勧告に従えない方は削除します。
投稿は、今後も自由です。

池田


とのことなので(笑)(ことの詳細は後日、『投稿が自由』なアゴラに投稿します)、自分のブログに載せます。では、本編をお楽しみください(^^

●登場人物 総統閣下とゆかいな仲間たち
sotojinbutsu2


食べログ暗殺計画(前編)

●食べログでやらせ

モリタック:閣下、食べログでやらせが起きたようです。

註釈:食べログ
カカクコムが運営する食べあるきグルメサイト。アスクユー、ライブドアグルメに続く第三のグルメサイトとして登場したが、レビュアーの引き抜きなどもあって大成功し、今やナンバーワンサイトに成長した。しかし、立ち上げ当初に活躍したレビュアーの中には更新を停止しているケースも散見される。


閣下:あのサイトがダメなのは前からわかっていただろ?

モリタック:え?そうなんですか?良く使っているのですが。

閣下:電話帳としては使えるよな。

ヒロッコ:私も良く使ってます。電話帳として。

註釈:電話帳
みんなの電話番号が書いてある分厚い書籍。昔は電話ボックスにも常備されていたけれど、最近はすっかり見なくなった。というか、あるのかも知れないけれど、電話ボックスそのものがない。スーパーマン受難の時代である。


ノブポン:実際のところ、電話帳としての利用方法以外には何ら有効な活用方法が見当たらないのが食べログというサイトの表面的な特徴ではありますが、では全く役に立たないのかと問われますれば、部分的には役に立つ場合もあり、結論としては使い手のスキルさえ高ければ大丈夫だ、問題ない、というレベルではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

閣下:そうだな、良いレビュアーを見つけることができたら、そこそこに役に立つよな。それで、やらせって、何が起きたんだよ。

ヒロッコ:こちらのサイトに詳細が掲載されています。

「食べログ」でやらせ投稿 39業者が順位上昇請け負う

どうやら、組織的な投稿によってお店の評価を上げ下げしている業者がいるようです。

閣下:ふうん(棒)

モリタック:お怒りにならないのですか?

註釈:お怒りにならない
閣下は大抵の場合カッカしている。


閣下:だって、別にどうでも良いよな?カカクコムが相手を訴えれば良いんじゃないのか?

註釈:カカクコム
価格比較サイト「価格.com」の運営会社。システム一流、運営三流に見えるが、一応上場会社。上場時1,000円以下の株価だったが、現在は2,000円代後半で、ベンチャー企業としては健闘している部類。ただし、今回の一件もあってか、株価は下がり気味。


ノブポン:サイトに対するテロ行為として偽計業務妨害にあたると解釈できる可能性があるかもしれず、ないかも知れませんが、こうしたケースではどうしたら 良いのかといえば、結局のところ運営会社がまめに調べて怪しい事例をチェックし、レビュアーの影響力を調整するなど、丁寧に対応していくしか方法がないのかも知れませんが、現実問題としてそんなことは可能なんでしょうか。

註釈:偽計業務妨害
風説を流したり、偽計(嘘とか、やらせとか)によって他人の業務を妨害する犯罪。いたずら電話や犯罪予告などが該当する。3年以下の懲役または50万円以下の罰金。


ヒロッコ:今日はノブポン、良く喋るわね。

ノブポン:実は、「総統閣下はお怒りです」の中での登場頻度が低く、しかもモリタック先輩は森永卓郎さん、ヒロッコ先輩は荻原博子さんに似ているようにも 見え、似ていないのかも知れませんが、モデルになっている気配がしないでもなく、老婆心ながらこんな表現で法律上大丈夫なのか、と心配になったりもするのですが、私は名前は池田信夫さんっぽいのにも関わらず、似顔絵は池田信夫さんには全く似ておりませんし、口調は口調で枝野幸男経済産業大臣のようでもあり、 いったいお前は誰なんだ、という指摘があったものですから、もう少し存在感を出そうかと思っているところであります。

閣下:そうか、ご苦労様。さて、それで食べログだが、俺が昔、食べログではベスト10に入る、トップレビュアーの一人だったことは知っているよな?

モリタック:もちろん存じております。

閣下:食べログの運営者が大馬鹿だから辞めたわけだけど、俺はあのサイトが嫌いだから、あんまりフェアに論ずることができないと思うんだ。だから、スルーで。

ヒロッコ:いや、簡単でも良いので、ぜひ感想などいただければ幸いです。年始ですし。


食べログ暗殺計画(後編)

●とんかつ屋に関するダメレビュー

閣下:仕方がない。たとえば東京の「とんき目黒店」というとんかつ屋さんのレビューを例にしてみよう。ヒロッコ、ちょっと食べログで目黒のとんきを調べて、そのレビューを信頼度順に並べてみてくれ。

註釈:とんき
目黒にあるとんかつ屋の老舗。衣が硬くて肉との一体感が失われているところが最大の特徴。


ヒロッコ:はい。このレビューが信頼度トップですね。約250件のレビューが書き込まれていますが、その中でダントツの信頼度です。

目黒:ハイパーとんかつ工場

閣下:じゃぁ、レビューの内容を読んでみよう。

モリタック:・・・なんか、普通に見えますが。今度行ってみましょうよ。

閣下:お前の顔に付いているその2つの黒いものはなんだ?ガラス玉か?

註釈:ガラス玉
ガラスでできた球状の物質。ビー玉など。これを使っても目玉の代わりに何かが見えたりはしない。多分。


モリタック:小さくてわかりにくいかも知れませんが、一応目玉です(汗)。

閣下:このレビュー、恐ろしいことに、書かれていることはお店のシステムについてだけだ。唯一、とんかつについて書かれているのは「とんかつ自体は同じ目黒の「かつ壱」のほうが個人的には好きである。」という一文だけだよ。

モリタック:言われてみればそのとおりです。

閣下:このレビューが参考になる人もいるのかも知れないが、少なくとも俺には、このレビューの信頼度が一番高いっていうのがさっぱりわからん。

ヒロッコ:なぜこんなレビューが参考票を集めるんでしょうか?

註釈:参考票
食べログでレビューを読んだ人が「この口コミに投票する」というボタンを押すと、1カウントされる。一見役に立ちそうだが、実際にはお友達同士で押し合うので、全然役に立たない。


閣下:おそらくは馴れ合いによって形成された食べログ村の住民たちのお友達票によって、非常に信頼度の高いレビューにまつり上げられたのだろう。こんなレベルの素人レビューをいくら集めても、何の参考にもならないのはわかりきったことだ。

註釈:素人レビュー
だって、このレビューを書いたまめぞうっていう人、とんかつ屋は5軒しかレビューしてないよ。しかも、そのうちの1軒はかつや(笑)。あんずも燕楽もやまいちも丸五も双葉も蓬莱屋もぽん太もぽん多も豚組も勝漫もレビューしてないんだよ。これじゃぁまともなレビュアーなのか判断不能。しかも、味のことを書いてないし。


モリタック:ほんとに、言われてみれば全くその通りです。

ノブポン:いや、先程モリタック先輩はこのレビューを読んで「普通のレビュー」と評したような記憶が多少私の出来の悪い脳みその一角にも残っているような、残っていないような、気のせいでしょうか?

モリタック:うるさいなぁ、閣下に言われて意見を変えたんだよっ!


●食べログで探すべきもの

閣下:もともと素人のレビューなんてろくでもないものが多い。そして、それをたくさん集めて、統計的に処理したとしても、やはり信頼性は低い。

ヒロッコ:閣下の後輩がそういうのを「集合痴」って馬鹿にしております。

CGMコンテンツの分析は集合痴に要注意

閣下:この分析は結構高度なので読みとくのは大変だけど、凄く面白いよな。

モリタック:難しすぎるので、もうちょっとわかりやすくお願いします。

閣下:当たり前の話だが、たくさんの素人による意見の集合体よりも、数人のカリスマの意見のほうがずっと参考になるってことだ。食べログも、何の役にも立たないわけではない。しかし、役に立たないレビューが少なからず含まれているし、有益なレビューのほうが少ないのが現実だ。だから、山ほどのダメレビューの中から、本当に役に立つレビューを書いている人、面白いレビューを書いている人を見つけてこなくてはならない。これは ちょっと面倒な作業だ。だけど、一度見つけてしまえば安心。いくつものレビューを読む必要はない。やらせレビューがいくらあったって大丈夫だ、問題ない。

註釈:数人のカリスマ
例えばラーメンで言えば石神秀幸さんとか。


モリタック:もともと大したサイトじゃないので、やらせレビューが紛れ込んでも大した問題ではない、と。

閣下:そういうことだな。

ノブポン:やらせやステルスマーケティングがあるのはこの手のサイトでは当然のことすぎるので、指導するまでもありませんね

註釈:当然のことすぎるので、指導するまでもない
2011年秋に東電のパーティ券購入が問題になった際の枝野経産大臣のセリフ。その後の朝日新聞の調べで東電が買っていたパー券の上位10位に枝野経産大臣の名前が入っていたことがわかったが、これも当然のことすぎるので、糾弾するまでもないのかも知れない。


閣下:もちろん食べログにも良いレビュアーはいるから、そういう人を見つければ良い。食べログでは店を探すんじゃない。レビュアーを探すんだ。

註釈:「〜〜んじゃない、〜〜んだ」
青島刑事の名台詞は「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」。



●オススメのとんかつ屋東京編
モリタック:えっと、それで、とんかつだったらどこがおすすめですか?東京で一番良いのを頼みます

註釈:一番良いのを頼む
「大丈夫だ、問題ない」の対語。


閣下:2,000円以上出す気があるなら、淡路町のやまいち、秋葉原の丸五、芝大門のむさしやの極上ロースもなかなかだな。

註釈:やまいち
以前勝漫でカツをあげていたおじさんが独立して開店したお店。これが、勝漫の目と鼻の先。しかも100円安い。俺は勝漫よりもやまいちの方が美味しいと思う。


モリタック:そんな、とんかつに2,000円なんて、殺生な・・・。

註釈:2,000円
美味しいとんかつ屋を選ぶときの一つの目安。ただし、必要条件であって、十分条件ではない。2,000円をはるかに超えるような価格のお店もあるが、だからといってそこが美味しいというわけでもない。


ヒロッコ:モリタックには厳しいわよね。

閣下:じゃぁ、朝霞のいち川でどうだ。ここのヒレカツ定食は1,400円だが、都内の2,000円以上の店にも全く引けを取らない味だぞ。

註釈:朝霞のいち川
俺が知るかぎり、2,000円以下のとんかつ屋で日本で唯一素晴らしく美味しいお店。朝霞という急行すら止まらない田舎の、しかも駅から徒歩で10分程度の場所にある。目の前は畑。


モリタック:よし、今度食べに行こうっと!

ノブポン:老婆心ながら申し上げれば、朝霞は池袋から東武東上線で240円です。往復で約500円ですから、ヒレカツ定食代の1,400円と合わせて1,900円です。モリタック先輩のお財布に対してはかなり大きなダメージを与える致命的事象となってしまう可能性が高いのではないかと想像する次第でして・・・。

モリタック:じゃぁ、かつやで我慢するよ。ヒロッコ、かつやの評価、食べログで調べて!

ヒロッコ:かつやとか吉野家とか、そんなお店のレビューを書く馬鹿はいないで・・・って、いるのねっ!!

註釈:いるのね
いる。他にもマクドナルドとか、吉野家とか、レビューを書いている人がいる。そして、そのレビューに参考票を投ずる人もいる。吉野家で調べてみると、2012年1月現在で例えば吉野家築地一号店48件、吉野家有楽町店24件、吉野家新橋東店8件のレビューがある。あほらしいことこの上ない。もちろんそういう店で食べることがあほらしいのではなく、食べログで店を調べるような人がマクドや吉牛の味を知りたいはずがないということ。


 

関連記事:レクイエム

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
Posted by つまらない
IP :175.128.249.220

くだらない内容ですね
Posted by つまらない at 2012年03月04日 09:33
> くだらない内容ですね

はいはい。くだらないくだらない。
Posted by buu2 at 2012年03月04日 12:54