2012年01月17日

すごいかんじ

凄い感じではない。凄い漢字である。

昨日のエントリーで、

nandokukanji


という文字を貼ったのだが、どのくらいの人がこの感じの読み方を理解したであろうか。この漢字は、一文字で

ことばがただしくない

と読むのである。意味は「言葉が正しくない」である。なお、こういった凄い漢字についてはこちらに素晴らしいまとめがあるので、「こいつのおでこにはってやるのにぴったりの漢字はないかなぁ」という方がいたら、まずはこちらをご参照いただきたい。

「凄い漢字」(漢字部屋)

なお、関連してこんな動画もどうぞ。



そうかぁー、「ノブポン」がダメだったんだろうか。何しろ、個人の主観に基づく言論統制には付き合いきれない。

この記事へのトラックバックURL