2012年02月13日

総統閣下はお怒りです「トマトの使者」

モリタック:閣下、今度はトマトですよ!!!!

註釈:トマト
ナス科の緑黄色野菜のひとつ。


閣下:はいはい、トマト、トマト。

モリタック:トマトには血液中の中性脂肪を下げる物質が含まれているそうですよ!!

註釈:中性脂肪
メタボの診断基準の一つ。この数値が高いとメタボと言われて肩身の狭い思いをする。


閣下:はいはい、下げる、下げる。

モリタック:おかげでスーパーではトマトが品切れです。

閣下:はいはい、品切れ品切れ。って、ホントにバカばっかりだな、この国は。

註釈:バカばっかり
テレビで「体に良い」とやっているとすぐ飛びつく。しばらくすると「騙された」と気がつくが、また別のものに飛びつく。学習しない。


ヒロッコ:元ネタはこのニュースのようですね。

トマトが中性脂肪の燃焼助ける…京大グループ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120210-OYT1T00602.htm

閣下:あほらしいことこの上ない。

モリタック:またデマでしょうか?

註釈:またデマ
つい最近、ヨーグルトを食べるとインフルエンザにかかりにくくなるというあやしい情報が流れたばかり。


閣下:いや、トマトには中性脂肪を下げる成分が入っているんだろう?それは嘘じゃないんじゃないの?

モリタック:では、我々もトマトを買い占めましょう!!

閣下:どれだけ買い集めるつもりだ?

モリタック:とりあえず、ひと月分でどうでしょうか。

閣下:一日に、どれだけトマトを食べれば効果が出るんだよ。

モリタック:さぁ?良くわかりませんが・・・

閣下:ヒロッコ、わかる?

ヒロッコ:まだデータが見つかりません。ただ、テレビではトマトなら1日6個、トマトジュースなら1日3本ってやっていたようです。未確認情報ですが。

註釈:1日6個
朝に2個、昼に2個、夜に2個。朝寝坊したときは昼に3個、夜に3個。風邪で寝込んでご飯が喉を通らなかった翌日は朝に4個、昼に4個、夜に4個。


モリタック:とりあえず、一日に5個ぐらい食べてみてはいかがでしょうか。

ノブポン:トマト一つの重量が200グラムとしますと、5個で1キロになる計算です。1キロ食べても十分な量である保証はありませんが・・・

閣下:モリタックは毎日1キロ、トマトを食べれば良いんじゃないのか?別にトマトじゃなくてスイカでも大根でも、なんでも良いと思うけれど。

註釈:スイカ
もっぱら、真夏の海水浴で目隠しをして棒で割るための野菜。


ヒロッコ:大根は良さそうですね、毎日1キロ食べたら痩せそうです。

閣下:要すれば、その何とかかんとかというありがたい物質が入っていようがいまいが、特定の野菜を1キロも食べていたら、嫌でも痩せるんじゃないの?ということだ。

モリタック:そんな話なんですか?トマトじゃなくちゃダメなんじゃないですか?

閣下:そうは言っても、トマトを日頃からたくさん食べているように見えるイタリア人が、日本に比較して痩せているとか、そういうイメージはないよな??

モリタック:それはそうですが。

ヒロッコ:情報は正確に。農林水産省がこんなデータを公開しています。

2007年の国民一人当たりのトマトの年間消費量(FAO調べ)

アメリカ 45.0kg
カナダ 31.7kg
メキシコ 19.2kg
ドイツ 17.3kg
イタリア 53.9kg
スペイン 46.1kg
フランス 23.4kg
ニュージーランド 27.4kg
オーストラリア 21.2kg
アルゼンチン 16.9kg
フィジー 5.9kg
アルジェリア 25.8kg
チリ 31.7kg
イラン 61.1kg
パラグアイ 18.2kg
韓国 10.8kg
中国 20.9kg
エジプト 96.8kg
モロッコ 27.0kg
インドネシア 2.7kg
レバノン 74.2kg
ギリシャ 94.3kg
リビア 93.5kg
チュニジア 86.4kg
日本 9.0kg

出典:農水省のサイト

閣下:イタリアよりもエジプトやギリシャの方が多いんだな。日本の10倍も食ってるのか!

註釈:日本の10倍
日本人がみんなが一日1キロ食べると、年間消費量は365キロになる。リビアの約4倍。てか、エジプトやギリシャやリビアは一日1個、トマトを食べているのか!!


ヒロッコ:エジプト人やギリシャ人の成人病の様子に興味が出てきますね。

閣下:とはいえ、いつもの、相関はあっても因果関係はわからない、という奴になりそうだけどな。

ヒロッコ:食べ物の健康に対する影響評価は非常に難しいですからね。

閣下:それに、今回は「もともとあったものの中から有効成分を見つけた」というだけの話だろ。

ヒロッコ:そのようです。

閣下:この手のものは、本当に効果があるのなら、「なんだかわからないけど、経験上中性脂肪が下がるから、トマトを食べましょう」ということになるはずだ。でも、そうはならなかった。つまり、そんなに目立った効果は期待できないってことだ。

モリタック:この発見は無駄なんでしょうか?

閣下:いや、そんなことはないよ。ただ、今回見つかった13―oxo―ODAという物質を、馬鹿正直にトマトから摂取しようとしても無駄だってことだ。

註釈:馬鹿正直
テレビで「トマトが体に良いんですよ」とやっているとすぐにトマトを買いに行く人たちのこと。


ヒロッコ:一日に1キロも食べていられませんよね。

閣下:物質が分かったんなら、それを精製して、薬にすれば良いんだろ?

モリタック:でも、それはなんか人工的じゃないですか?

閣下:今売っているトマトなんか、育種に育種を重ねた品種で、十分に人工的だよ。

モリタック:では、痩せ薬が開発されるのを待ちたいと思います。

閣下:それにしても、この国の民衆はどうしてそうやって楽をして痩せたがるんだろうな?運動するか、摂取カロリーを下げれば良いだけの話だろ。怠けて、うまいものをバカバカ食べて、それでも痩せていたいって、アホちゃうか?

ヒロッコ:御意・・・。

閣下:ま、トマトみたいに高い野菜がどんどん売れるなら、景気も良くなるかも知れん。こっそり陰で笑っていることにするかな。

モリタック:では、作戦室ではトマト、購入しないので?

ヒロッコ:あんたの自腹で買いなさいよ。

閣下:トマトは高いから、大根にしたらどうだ?

モリタック:わかりました、大根にします!!

閣下:毎日大根を1キロ食べていたら痩せそうだよな。



この記事へのトラックバックURL