2012年03月13日

TIME/タイム

in time


全く大したストーリーじゃなくて、「俺達に明日はない」を焼き直したような、SFにしたようなそんな映画である。

25歳を過ぎると、余命を時間で買っていく生活となる登場人物たち。時間が切れたら死ぬ、という設定だけが新しい。

結構遠い未来のはずなのに、異常なほど警備がずさんなので、どんどん強盗事件が発生する。何とかしろよ、と思わないでもないが、そこに突っ込むのは野暮というモノ。非常に正しいB級映画だと思う。

だけど、これだけは言わせてくれ。

「おい、お前、そんなピンヒールで全力疾走していたのかよ!」

評価は☆1つ半。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51327648