2012年04月15日

万画廊の「マンカイ」は17日火曜日まで!

そば打ち会のお客様の吉島信広さんが銀座にオープン(名古屋から東京に移転)する「万画廊」のお披露目展に出展されるということで、観に行くことにしました。行く前に吉島さんに「今日、行きまーす」と連絡したら、「今日は6時からオープニング・セレモニーやってます。吉島の知り合いと言えば大丈夫です」とのこと。こういう時の図々しさだけは誰にも負けないので、誰も知らないけれど突撃してみました。

場所は銀座一丁目の、京橋公園のそば。というか、日本で一番有名なイタリアン「ラ・ベットラ」のすぐそば。

看板とか出ていなかったんですが、ガラス張りの画廊なので外から中が丸見え。あぁ、ここだ、ここだ、ということで中に入れてもらい、一通り見てきました。見るだけでさっくり退散しようと思っていたら、画廊の方々に色々と声をかけていただき、ワインまでいただいてしまう始末。ごちそうさまでした。

吉島さんの作品は猿と金魚。昨年末に江戸川橋で展示した作品に比べると随分でかいです。


12_04_14_996


12_04_14_997


金魚
12_04_14_993


12_04_14_994


12_04_14_995


猿も金魚も売約済みで購入することはできませんでしたが、我が家にはうさぎとかめがいるので良しとします。

他にも面白い作品が置いてあったので、「写真を撮っても良いですか?」と聞いたら、オッケーとのこと。数枚、撮ってみました。

12_04_14_998


12_04_14_999


12_04_14_1000


12_04_14_1001


ちなみに画廊の代表取締役の伊藤さん(女性)は僕の好みのど真ん中でした(笑)。

芸術家って、すげぇ苦労して頑張ってもなかなか注目してもらえず、売れるのは村上隆さんや奈良美智さんのようなビッグネームばかり。日本人が小さな芽を育てようとしないのはビジネスの世界と一緒なので、個人的には芸術家も事業家と同じように支援したいと思っています。でも、僕が自分で支援するのは無理だから、芸術家たちを支援してくれている人を応援したいと思います。

ということで、まずは万画廊へ!フェルメールや印象派の複製画を飾るよりも、若手芸術家の一品物を飾ったほうがかっこいいよっ!!

万画廊「マンカイ」
2012.4.11〜4.17 11:30〜19:30
〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目23-2 GINZA上野ビル1F
http://www.yawoyorozu.com/

この記事へのトラックバックURL