2012年04月25日

将棋名人戦の完全中継でニコ生が大儲けしていそうな件

将棋の名人戦をニコ生で完全中継している。この中継がなかなかクオリティが高く、馬鹿にできない。昨日、今日やっている第二局の中継も、聞き手の山口恵梨子女流の舌っ足らずで、それでいてきちんとした仕切りが絶妙で、「これは見たい」と思わせる内容である。加えて、昨日は佐藤康光王将の升田幸三賞受賞の解説などがあった(らしい)。

「(らしい)」というのにはもちろん理由があって、プレミアム会員ではない僕は、中継を見ていたら、升田幸三賞に関する解説が始まった直後に、追い出されてしまったのである。いくら入りなおしても、ダメだった。やっと入れたと思った時には、佐藤王将の特別解説は終了していた。

サッカーでも、野球でも、ホリエモンと成毛眞さんの対談でも、こんなことはなかったのに、面妖な、と思ったのだが、ちょっと考えてみると「あぁ、そういうことか」となった。将棋を見ている人は、年寄りが多い。この人達は基本的にお金持ちである。ニコ生の月額500円など、痛くも痒くもない。だから、みんなホイホイとプレミアム登録するんだろう。プレミアム会員がこぞって見に来てしまうので、一般会員の僕等はすぐに追い出されてしまう。

ニコ生、すげぇなぁ、と思ったのは、こういう、金持ちで、かつネットに親和性があり、しかもニコ生の新規ユーザーとなりうる層にきちんとターゲッティングした点である。

#だけど、おかげで僕は見ることができないのです・・・。プレミアム登録、するかなぁ、今までずっと我慢してきたのになぁ・・・。と、思いつつ、登録している人がたくさんいそうな予感。なんか、ちょっと悔しいなぁ。

#今日登録すると6日間で500円になってあまりにも悔しいので、公式で見るのは諦めてミラーで見ることにした。

この記事へのトラックバックURL